バキュームクリーナーのダストバッグの選び方 | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

バキュームクリーナーのダストバッグの選び方

バキュームクリーナー(真空掃除機)は、機種によってはダストバックを紙製とフリース製から選べる場合があります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

【目次】

■ ペーパーダストバッグのメリット・デメリット
■ フリースダストバッグのメリット・デメリット
■ フィルターの交換もお忘れなく!

 

■ ペーパーダストバッグのメリット・デメリット

ペーパーダストバッグ
ペーパーダストバッグ
紙製のオーソドックスなダストバッグです。
1枚あたりの単価がフリース製と比べて安いため、コストを抑えたい場合や回収するごみが多く、ダストバッグの交換頻度が高い現場などにおすすめです。

バッグ内部にちりがたくさん付着すると、空気を逃がせずに吸引力低下の原因となるため、こまめな交換がおすすめです。

ちりの付着による吸引力低下が気になる場合はATTIX30-01PCのようにちり落とし機能搭載のバキュームクリーナーもあります。

ニルフィスク 乾湿両用掃除機 ATTIX 30-01PC PRO

 

■ フリースダストバッグのメリット・デメリット

フリースダストバッグ
フリースダストバッグ
フリース製バッグは紙製に比べて厚みがありしっかりしているので、廃棄する際にも破れにくく、溶接ヒュームやアスベストなどの危険粉じん、微細なちりも残したくないクリーンルームの清掃などでも廃棄時の再飛散のリスクを軽減できるため、より安全・確実に清掃したい現場ではフリース製のダストバッグがおすすめです。

また、使い続けてバッグ内部にちりが付着した場合でも、フリースの繊維の厚みで取り込んだ空気を逃がせるため、最後まで吸引力を落とさず使用できるのもメリットの一つです。

ただし紙製のダストバッグと比較すると単価は高くなるため、コスト重視の現場では少々割高に感じるかもしれません。

 

■ フィルターの交換もお忘れなく!

特にアスベストや溶接ヒュームなど人体に有害な粉じんは非常に微細なため、ダストバッグやフィルターの詰まりで漏れ出していても肉眼では気付けません。

フィルター類は交換目安を過ぎても動かなくなるわけではないので「まだきれいだし、使えるから大丈夫だろう」とそのまま使い続けてしまうケースがありますが、目に見えていないだけで実際には回収したちりが漏れ出し、再飛散している可能性があります。

ペーパーバッグだけでなくフィルターも消耗品です。「まだ動くかどうか」ではなく「交換時期かどうか」を基準にして、必ず定期的に交換を行うようにしてください。

交換頻度は製品にもよりますが、ニルフィスクのGM80PHEPAであれば「フィルタ―バッグを50回」又は「1年間のご使用」を目安として、HEPAフィルター、メインフィルター、マイクロフィルターすべての交換を推奨しています。(フィルターが複数ある機種は、基本的にはすべてのフィルターを交換します)

ニルフィスク 産業用 バキュームクリーナー GM80P HEPA

 

まとめ

いかがですか?
それぞれの特徴を理解し、用途にあったダストバッグをお選びください。

おすすめの記事

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら