MPaってなに?高圧洗浄機の水圧について | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

MPaってなに?高圧洗浄機の水圧について

高圧洗浄機を選ぶ時に必ず出てくるのが「Mpa」という単位です。
普段あまり聞きなれない単位でイメージがつきにくいと思いますが、今回は「Mpa」を軸に高圧洗浄機の選び方をご紹介します。

【目次】

■ 「Mpa」は水圧の単位
■ 高圧洗浄機の水圧を水道と比べると…?

 

■ 「Mpa」は水圧の単位

高圧洗浄機を選ぶ時に必ず出てくるのが「Mpa」という単位です。
「メガパスカル」と読み、水圧の単位を表します。

Mpaは国際単位系(SI単位系)という10進数をベースにした「m(メートル)」「A(アンペア)」「kg(キログラム)」などと同様に世界共通の単位のひとつでSI単位系が採用される以前は「kgf/㎠」という単位が使用されていたため、こちらの単位の方が感覚的に理解しやすい、しっくりくるという方もいらっしゃるかもしれません。
MPaをkgf/cm2の単位に換算する場合の計算式は

1MPa = 10.1976 kgf/㎠

となります。

ヒダカの家庭用高圧洗浄機 HK-1890の常用吐出圧力は9.0Mpaですので、
計算式に当てはめると
91.774 kgf/㎠
と表されます。

 

■ 高圧洗浄機の水圧を水道と比べると…?

厚生労働省の「水道施設の技術的基準を定める省令」では配水管から給水管に分岐する箇所で水圧は特例を除き「0.15Mpa以上・0.74Mpa以内」となっています。

ざっくりのイメージをつかんでいただくため、基準値の真ん中をとって水道の水圧を「0.45Mpa」とすると、HK-1890はその20倍もの強さの水が出る、ということになります。

HK-1890同クラスの価格帯の高圧洗浄機に多い水圧を同じ計算式に当てはめると

9.0Mpa⇒水道の20倍の水圧(ヒダカK-1890)
8.0Mpa⇒水道の17.7倍の水圧
7.0Mpa⇒水道の15.5倍の水圧
6.0Mpa⇒水道の13.3倍の水圧

となります。
たった1Mpa違うだけでこれだけ大きな差が出るなんて、ちょっと驚きですよね。

9.0Mpaは国内で流通している家庭用高圧洗浄機でもトップクラスの水圧の強さです。

水圧が強ければそのぶん汚れをひきはがす力も強いので、まずは水圧をチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
高圧洗浄機の水圧のイメージがなんとなく湧きましたでしょうか。
高圧洗浄機を選ぶ際には水圧はもちろんですが、モーターの種類や使用頻度など、さまざまなチェックポイントがあります。
ご使用のイメージに合う一台を見つける参考にしていただけると嬉しいです!

おすすめの記事

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら