蓄圧式泡洗浄機「グロリアFM10」愛用者必見!長く使用するコツ | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

蓄圧式泡洗浄機「グロリアFM10」愛用者必見!長く使用するコツ

どんな洗剤も高密度の泡にできる、蓄圧式泡洗浄機 グロリア FM10
高密度の泡が壁にしっかり密着して、洗浄効果を高めてくれます!!
一度使うと手放せない便利さで、2代目3代目を購入するリピーターの方も多い人気商品です。

グロリアFM10の商品ページはこちら

一度購入すれば永久的に使えるというものではありませんが、日頃のちょっとしたコツで製品寿命を長くすることができますよ♪

今回は、グロリアFM10の正しいお手入れ方法や、よくあるトラブルの解消法をご紹介します。

【目次】

■ 洗剤の量は1リットルを上限に
■ 使用後のメンテナンス
■ 週1回の定期メンテナンス
■ こんな時はどうする?簡単なトラブル解決法

 

■ 洗剤の量は1リットルを上限に

FM10は耐油・耐薬性のある丈夫な素材でできていますが、洗剤を入れたまで長期間保管すると素材の劣化や詰まりを起こす原因になります。

基本的には洗剤は1回ずつ使い切ってください。洗剤を使い切ることができなかったら、タンクに入れたままにせずに、一度空にしてタンクを洗浄することをおすすめしています。
*洗浄方法については、この記事内で後述しています

特にph2以下やph12以上の強い溶剤はタンクが傷みやすいので注意してください。

また、FM10は洗剤の容量が1リットルとなっていますが、1リットルの洗剤を入れてもタンクには余裕があります。この余裕分は蓄圧のために必要なスペースなので、洗剤を入れすぎるとその分スペースが減り、十分な圧を溜められません。十分な圧を貯められないと、きめ細やかな泡が発射されません。

もっと入りそうなのに…と思っても、タンク本体についているメモリを目安に「最大1リットル」として洗剤を入れすぎないようにしてください。

ちなみに、1リットルより少ない分には問題ありませんが、蓄圧スペースが多くなる分、圧を溜めるためのポンピング回数が若干増えます。
蓄圧の手間を少しでも減らしたい、という方は、最大容量の1リットルまで洗剤を入れてお使いください。

 

■ 使用後のメンテナンス

ご使用後は本体のヘッド部、タンク内をきれいに洗い流します。
洗剤フィルターに洗剤が残っていると、次回ご使用時に洗剤が詰まってうまく泡が出にくくなることがあるため、ノズル先端を開け、中のフィルターもしっかり洗い流します。

洗剤の出が悪い時はこのフィルターが詰まっている場合がありますが、洗っても改善しない時は交換してください。

仕上げにタンクに水を入れた状態で蓄圧噴霧してすすぐと、ホース内部の洗剤も洗い流され、よりきれいになります。

保管時はノズル部分を少しゆるめておくと、パッキンの持ちが良くなります。

 

■ 週1回の定期メンテナンス

週1回の頻度で、ポンプのカバーを外し、中のパッキンにグリスを塗ってください。
これを行なうことでパッキンの持ちが大幅に良くなります。

グリスは日本クランツレが「Danax」ブランドとして販売している日本正規品にしか入っていません。海外並行品、並行輸入品には付属していませんのでご注意ください。

 

■ こんな時はどうする?簡単なトラブル解決法

<ヘッドが取れない>
特にきつく閉めたつもりはないのにヘッドが開かなくなった時は、タンク内部に圧が残っている場合が多いです。
そんな時にはヘッドについている排気弁を引くことでタンク内部の蓄圧が抜け、ヘッドが外せるようになります。

<圧が出ない>
パッキンが破れたり、逆止弁のパッキンが硬化していると蓄圧できません。新しいものにお取替えください。
FM10 リペアパッキンセットのご購入はこちら

 
<泡が出ない、泡が漏れる>
パッキンの劣化や破損の場合、パッキンのお取替えで解決することがあります。例外として、吸気チューブの根元の部分の空気穴が詰まった場合も泡が出なくなるので、水で洗い流して詰まりを取ってみてください。

また、そもそもの洗剤が無発泡(泡立たない)タイプのものだったり、発泡タイプであっても薄めすぎると泡が出ません。噴霧した時にシャバシャバの水に近い液体が出る場合は濃度が低すぎるので、洗剤を足してお試しください。

反対に、泡にはなるけれどうまく噴射しないという時は洗剤の濃度が高すぎるか、水としっかり混ざっていない事が考えられます。この場合は水を足し、水と洗剤をしっかり混ぜてからお使いください。

希釈率は洗剤の種類や用途によっても異なるので、1リットル、500ミリリットルなどわかりやすい分量でベストな洗剤量を計っておくと便利です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。FM10は、日常的にご自分でメンテナンスができるように基本的に工具不要で、手でパーツを取り外せる設計になっています。

ちょっとした心がけでぐんと長持ちするので、こまめなメンテナンスでFM10を長くご愛用ください!

おすすめの記事

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら