ターボノズルとバリアブルノズルの違い | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

ターボノズルとバリアブルノズルの違い

ヒダカHK-1890のアクセサリーについてのお問い合わせで多い
ターボノズルとバリアブルノズルの違いって何?」にお答えします!

この2種類のノズル、ぱっと見には「どこが違うの?」という感じですが、ポイントは先端の形状

バリアブルアンダーボディスプレーランスには、ヒダカHK-1890本体に標準付属している「標準ノズル」の先端、
ターボアンダーボディスプレーランスには「ターボノズル」の先端と同じ形状のものが付いているので、
基本的にはこれらのノズルと同じ使い方ができます。

「標準ノズル(バリアブル)」の特徴

「標準(バリアブル)ノズル」は、噴射角度を変えることにより、圧力調節が可能です。
手元で無段階に調節ができるので、ノズルを付け替えずに色々な汚れに対応します。

【噴射角度を狭くすると…】
直線で高圧水が噴射します。ピンポイントで汚れを落としたい時に便利です。
洗浄範囲が狭く、広い面積の洗浄にはむらができやすいので注意が必要です。

【噴射角度を広くすると…】
扇状に平たく高圧水を噴射することができます。
狭くした時より圧力が分散されるので、比較的汚れの少ない場所の洗浄に向いています。
洗浄面から遠ざけて使えば散水や最後のすすぎなどにも便利です。

 

「ターボノズル」の特徴

ターボノズルは、円を描くように高圧水が噴射します。
噴射角度を狭くした標準ノズルが高速で円を描いきながら高圧水を噴射しているようなイメージですが、威力は標準ノズルより強力なため、洗車や、ウッドデッキのようなやわらかめの材質の場所には不向きです。
比較的むらなく、強力に洗浄できるので、こびりついた汚れや、苔の生えた場所の洗浄などに便利です。

バリアブルアンダーボディスプレーランスとターボアンダーボディスプレーランスの違い

「アンダーボディスプレーランス」と「延長パイプセット」の違い

「延長パイプセット」は、「アンダーボディースプレーランス」に、約35㎝のランス(軸の部分)をもう1本追加したアクセサリーで、ノズルの形状は同じです。
より高い所や、車幅の広い車の下回りなどを洗浄する際に便利です。
「延長パイプセット」は接続するランスの本数を減らすことで段階的に長さを調節できるので、洗浄する場所によって長さを使い分けることができます。

バリアブル アンダーボディスプレーランス」と「バリアブル 延長パイプセット」の比較

※「ターボ アンダーボディースプレーランス」と「ターボ 延長パイプセット」もほぼ同寸となります。

標準(バリアブル)ノズルとターボノズルの違い、お分かりになりましたでしょうか?
それぞれの特性に合わせてノズルを使い分けて、汚れ落ちの違いを試してみて下さいね!

こちらの記事もオススメ!
ヒダカ HK-1890用「バリアブルアンダーボディスプレーランス」 を使ってみました!

この記事で使用している製品

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら