融雪剤/凍結防止剤(塩化カルシウム)による車のサビや腐食の高額な修理代を払いたくない方へ | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

融雪剤/凍結防止剤(塩化カルシウム)による車のサビや腐食の高額な修理代を払いたくない方へ

融雪剤/凍結防止剤(塩化カルシウム)による車のサビや腐食の対策として、
高圧洗浄機での洗浄が有効なのをご存知ですか。
雪が積もる季節になると、融雪剤の被害に悩むドライバーの方も多いかと思います。
また、普段は雪の無い地域にお住まいでも、
スキーやスノーボードなどで雪道を走って帰ってきて
「このままにしておいて大丈夫だろうか」
と不安になる方もいらっしゃる様です。
 
路面の雪や氷を溶かし走行しやすくしてくれる融雪剤ですが、
成分は塩(塩化カルシウム)ですので、
車のボディーのサビや腐食の原因になってしまいます。

融雪剤の成分は塩です

塩化カルシウムが車体に付着して長時間そのままにしておくと、
通常よりもかなり早いスピードでサビが進行する可能性があります。
インターネットで検索すると
「マフラーに穴が空いてしまって、高額な修理代がかかった。」
というドライバーさんの書き込みもありました。
 
サビを防ぐには、なんといっても、
融雪剤/凍結防止剤をできるだけ早く洗い落とすことが大切です。
洗い流すにあたって直面する問題が2つあります。
1つ目は、少し時間が経った融雪剤は硬くなってしまって、ホースの水を当てたぐらいではビクともしないこと。
2つ目は、一番汚れるボディーの真下を洗うのは非常に難しい、ということです。
そこで、高圧洗浄機の出番です。
高圧洗浄機は、上記2つの問題を軽々クリアしてくれるからです。

 
まず、硬くなってこびりついてしまった融雪剤も、
高圧洗浄機の高圧水なら、
水道ホースの水をかけて洗い流すのに比べて格段に剥がし落としやすくなります。
例えば家庭用としては国内最高圧の「ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890」の標準ノズルには、圧力調整機能が搭載されています。
車のボディを傷つけず、且つ融雪剤も落とせる、調度良い圧力を自分で調整しながら作業ができるので安心です。


ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890

ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890

また、車の下を掃除するのに便利な「アンダーボディスプレーランス」というアクセサリーがありますので、
そちらを購入していただけば、
手やホースでは到底届かない場所にも近距離で高圧水を当てる事ができます。
(ジャッキで持ち上げて・・なんて作業は必要ありません!)


ヒダカ バリアブルアンダーボディスプレーランス

ヒダカ 高圧洗浄機用 別売りアクセサリー
ヒダカ バリアブルアンダーボディスプレーランス(HKP-VUSET)
アンダーボディスプレーランス使用例
アンダーボディスプレーランス使用例

 
※こちらの「アンダーボディスプレーランス」の使い方にはちょっとしたコツがあります。ヒダカショップでご購入いただいた方限定で、店長が実際に使いながら詳しく解説した動画をご用意しておりますのでご購入された際はぜひご覧ください。

https://www.hidaka-shop.com/teach/movie/purchased

パスワードがわからなくなってしまったご購入者様は、お問い合わせください。

 

融雪剤はマメに洗い流す事が大切です。
その都度洗車場に行く手間を考えると、一家に一台高圧洗浄機、オススメです。
※高圧水での洗浄にご心配の方は、お車をお買い求め頂いた販売店にご相談ください。

この記事で使用している製品

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら