法改正でお問い合わせ急増!アスベスト対応掃除機の比較・選び方 | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

法改正でお問い合わせ急増!アスベスト対応掃除機の比較・選び方

石綿(アスベスト)による健康障害の予防対策として平成17年(2005年)に制定された石綿障害予防規則(※以下、「石綿則」)ですが、解体・改修工事などでの健康障害の防止のため令和2年(2020年)7月に改正され、アスベストの有無にかかわらず、一定条件以上の工事については事前調査と都道府県への届け出が義務化されました。
対象建材が拡大し、報告の必要がある工事の範囲も広がったことから、アスベスト対応掃除機のメインユーザーである解体業のお客様だけでなく、改築・リノベーション・補修工事などを請け負うリフォーム工事業、工務店様からもお問い合わせを多くいただいております。
今回は、アスベスト対応の掃除機の選び方とおすすめの機種をご紹介します。
【目次】

■ 「HEPAフィルター付きなら何でもいい」は間違い!?
■ 石綿則は作業者の安全を確保するためのもの
■ 石綿則対策に!アスベスト対応掃除機おすすめ2機種

 

■ 「HEPAフィルター付きなら何でもいい」は間違い!?

今回の改正から石綿則の対象になった業者様も多いため、お問い合わせで一番多いのが「アスベスト対応の掃除機が必要だが、どれを選んでいいのか分からない」というものです。
特定建築材料の除去等の方法(新法第18条の19、新規則第16条の12~14)を見ると
「JIS Z8122に定めるHEPAフィルタを付けた集じん・排気装置」としか記載されておらず、極端に言えば、「規定のHEPAフィルターがついていれば家庭用の掃除機でも問題ない」とも読み取れます。
20220726

出典:環境省ホームページhttps://www.env.go.jp/content/900397173.pdf

でも、言葉通り本当に家庭用のHEPAフィルター付き掃除機でもいいのでしょうか?

■ 石綿則は作業者の安全を確保するためのもの

そもそも石綿則が制定されたのは、石綿の健康被害を防ぐためです。
アスベストの漏れを極力減らすことが作業者の安全を確保することに繋がります。
「作業者の安全を確保する」という点から考えると、家庭用のHEPAフィルター付き掃除機は、とてもお勧めできません。
単にHEPAフィルターが付いているだけの掃除機では、HEPAフィルターの面積が小さく詰まりやすいことから、アスベストがわずかでも漏れ出してしまうリスクがあるためです。

では、家庭用ではなく、業務用の掃除機でHEPAフィルター搭載なら何でもいいかというとそういう訳でもなく、業務用であっても、アスベストに対応している機種はごく限られています

■ 石綿則対策に!アスベスト対応掃除機おすすめ2機種

作業者の安全を最優先するならこの機種!「GM80P HEPA」


GM80P HEPA

ニルフィスク 産業用バキュームクリーナー GM80P HEPA

掃除機のフィルターが詰まると、吸い上げた粉じんの行き場がなくなり、接続部の隙間などから漏れだす恐れがあるのですが、GM80P HEPAは、独自の4段フィルトレーション機構によりHEPAフィルターが目詰まりしにくい構造になっており、排気のきれいさはもちろん、粉じんが漏れにくい作りになっていることが特徴です。

また、アスベストなどの危険粉じん用バキュームクリーナーとして、粉じん作業特別教育用のテキストにも掲載されており、解体のプロに選ばれ続けてきた製品でもあります。
作業者の安全・健康を最優先する場合は「GM80P HEPA」がおすすめです。
「GM80P HEPA」は、単品のほかフリースバッグ25枚付きのセットペーパーバッグ50枚付きのセットがございます。

 
安全性はもちろん、狭い場所でも使いやすい!「GD930S2 HEPA」


GD930S2 HEPA

ニルフィスク 業務用バキュームクリーナー GD930 S2 HEPA

「GM80P HEPA」と同様にアスベスト・PCB・RCFなど危険粉じんに対応するドライバキュームクリーナーで、0.3ミクロンのダストを99.997%捕集するHEPAフィルターを標準装備しています。
大きなタイヤと前輪キャスターホイール、高さを抑えたコンパクトな設計で、取り回ししやすく、せまい現場でも操作性に優れています。
また、作りはコンパクトでも、ダストバッグは15リットルの大容量なので、ダストパックの交換頻度も下がり、ストレスなく作業できます。
GD930 S2 HEPAはダストバッグ付きもご用意しています。
 

今回の法改正を受け、メーカーでもアスベスト対応機種の問い合わせや注文が殺到しており、今回ご紹介の2機種「GM80P HEPA」「GD930 S2 HEPA」は品薄状態が続いています。
築年数経過によるリフォームや、災害による改修、またコロナ禍で居住空間への関心が高まったことからリノベーションやリフォームの需要も高くなる傾向にあり、既存建物の解体件数は、2030年ごろまで今後も増え続けていくと予想されていますので、現在のような品薄の状態はしばらく続くと考えられます。
ヒダカショップでは、「GM80P HEPA」「GD930 S2 HEPA」を在庫しておりますため、在庫分は即納が可能です。(2022年7月現在)
品切れの場合も予約注文として承りますが、納品までにお時間いただく場合もございますので、ご希望の場合は、お早めにご検討ください。

おすすめの記事

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら