業務用高圧洗浄機の基礎知識~200V電源について | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

業務用高圧洗浄機の基礎知識
~200V電源について

業務用機器でよく目にする「200V」、この意味ちゃんと理解していますか?実は、コンセントには、いくつか種類があるのはご存知でしょうか。

今回は、みなさんが正しく安全に高圧洗浄機をご利用いただけるように、200V電源についての基礎知識をご紹介します。

200V高圧洗浄機についてはこちらの特集ページもご覧ください

【目次】

■ 200V機種を使うには?工事は必要?電気代はどうなる?
■ 200Vコンセントの形状は6タイプ

 

200V機種を使うには?工事は必要?電気代はどうなる?

まず、日本では多くの家電は100Vに対応していましたが、最近は200Vで対応している家電も増えてきました。

200vに対応している家電や業務用清掃機器の多くは、パワフルかつスピーディーに行うことができます。
200V電源の機器を使用するためには三相200Vのコンセントが必要ですが、200Vの電源環境がないという場合でもコンセントの新設はそれほど難しくないため、一般のご家庭でもエアコンは200V、それ以外は100V、と使い分けをしている事も珍しくありません。

200Vの機器を導入したことで、単純に100Vから200Vに変えたことだけが原因で電気代が上がるということはありません。電気代はあくまで消費電力で決まるため、消費電力と使用時間が同じであれば100Vでも200Vでも同じ電気代になります。

200Vの方がパワーがあるぶん作業が早くすむ場合もあるので、現状100Vの高圧洗浄機で汚れ落ちや作業効率に満足いっていないのであれば、200V機種の導入で電気代はほぼ変えずに作業のストレスが解消するかもしれません。

 

■ 200Vコンセントの形状は6タイプ

100Vのコンセントはご家庭でもおなじみのタテに2つ穴が並んだ形ですが、三相200Vのコンセントはご使用環境によって受け側(差し込み口)の形状が異なり、大きく分けて6タイプの形状があります。

三相200Vコンセントの形状

清掃機器本体についている電源プラグ(差し込む側)の形状はメーカーによって異なりますが、こちらはホームセンターなどでも入手できて簡単に交換できます。

コンセントの形状に合わせた電源プラグをお選びください。

なお、ニルフィスクの業務用200V高圧洗浄機の標準付属電源コードのみで電源のプラグは付属していませんが、お客様のご使用環境に合うプラグを取り付けての納品も可能ですので、ご希望の場合はお気軽にご相談ください。

 

まとめ

業務用で100Vの機種はかなり種類が限られますが、200Vの電源環境があれば使える機種の選択肢がぐんと増え、より用途にマッチした機種を選びやすくなります。

高圧洗浄機や真空掃除機など業務用機器の導入をご検討中の方は、ぜひ200Vの電源環境の増設も視野に入れてみてください。

どれを選べばいいか分からない!業務用清掃機器導入のご相談・ご質問・無料実演のご依頼はこちらから!

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら