スプレーモップの比較・選び方 | プロが教える高圧洗浄機 | 高圧洗浄機の専門店【ヒダカショップ】

スプレーモップの比較・選び方

水拭きそうじが劇的に楽になる「パシャウォッシュ スプレーモップ」シリーズ。

「スプレーモップ」と「スプレーモップ ライト」の2種類がありますが、実際のところ何が違うのか、標準的なシート使い捨てタイプのフロアワイパー(フローリングワイパー、フロアモップ)と比較して違いを検証してみました!

※量販店、ドラッグストア等でよく見かける組み立て式のフロアワイパーで比較しています。メーカーによって材質や仕様は様々ですので、あくまで参考程度でご覧ください

 

【目次】

■ ①ヘッド(モップ部分)を比較!
■ ②ポール部分を比較!
■ ③パッドを比較!

 

■ ①ヘッド(モップ部分)を比較!

スプレーモップはヘッド部分にパッドを取り付けて使用します。
ヘッドの幅=ひと拭きでお掃除できる幅なので、この幅が広いほど一度に広範囲をお掃除でき、作業効率がアップします!

「パシャウォッシュ スプレーモップ」はヘッド幅が40cmもあるので、リビングなど広めのスペースにおすすめです。

コンビニエンスストアや居酒屋など店舗のフロア清掃や病院の待合室、ロビーの清掃に使うという方も多くいらっしゃいます。

階段やトイレ、洗面所などの比較的コンパクトなスペースをお掃除する時には、幅が広すぎると取り回しづらいこともあるので、ヘッド幅が少し小さめの「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」がおすすめです。


パシャウォッシュ スプレーモップ…ヘッド幅40cm
パシャウォッシュ スプレーモップ ライト…ヘッド幅32.5cm
標準的なフロアワイパー…25cm前後

■ ②ポール部分を比較!

続いて、ポール(パイプの部分。軸。)を比べてみましょう。

まずは長さ。

パシャウォッシュ スプレーモップ…128cm
パシャウォッシュ スプレーモップ ライト…125cm
標準的なフロアワイパー…100~130cmぐらい

身長に対してポールがあまり短いと、使うときに腰をかがめる姿勢になってしまい、せっかくの「立ったままでお掃除できる」というモップのメリットが十分生かされません。持つ位置で調整できるので、短すぎるよりは多少長めのほうが使いやすいと思います。

ヒダカの女性スタッフ、男性スタッフが実際に「パシャウォッシュ スプレーモップ」「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」を使ってお掃除をしてみましたが、いずれも、腰に負担のない姿勢で使えました。

ポールの直径(太さ)と素材も比べてみました。
パシャウォッシュ スプレーモップ…高強度プラスチック・合金パイプ製
パシャウォッシュ スプレーモップ ライト…PP、スチール、アルミニウムなど
標準的なフロアワイパー…アルミニウムなど

ポール部分は強度のある素材であれば、汚れをしっかり落としたい時に力を入れてゴシゴシこすれるので太さと素材が重要になります。
また、パッケージの都合でポールがいくつかのパーツに分かれた組み立て式の場合、接続部分がぐらつき、力を入れにくい、折れやすい、というトラブルも多く聞きます。つなぎ目が多ければ多いほどぐらつきやすくなりますが、商品によってはつなぐポールの数で長さを調節できるものもあるようです。

「パシャウォッシュ スプレーモップ」「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」は共に金属と高強度の素材を使用しています。
ポールは組み立て式ですが、一度はめ込むと簡単には取り外せないかわりにかっちり接続し、ぐらつきも少ないので力を込めた時でも安定感があります。

「パシャウォッシュ スプレーモップ」にはさらに握りやすいグリップも付いているため、長時間の使用でも手が痛くなりにくく、安定した作業ができます。

 

■ ③パッドを比較!

ヘッドに取り付けるパッドの差を調べてみます。

【サイズ】
パシャウォッシュ スプレーモップ…約15cm×45cm
パシャウォッシュ スプレーモップ ライト…約12cm×34.5cm
標準的なフロアワイパー用のシート…20cm×30cmぐらい

フローリング用掃除シートは様々なメーカーから発売されていますが、汎用性をもたせるため、だいたい上記のようなサイズが一般的です。
縦幅が広く感じますが、ヘッドを包むようにセットし、上部の溝にはめこんで固定するので実際に使用するのはヘッドの縦幅(狭い方)のサイズとなります。

「パシャウォッシュ スプレーモップ」「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」はどちらもマイクロファイバー製のパッドです。


※上が「パシャウォッシュ スプレーモップ」のパッド、下が「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」のパッド

「パシャウォッシュ スプレーモップ」のパッドは毛足が長めで、汚れをしっかりからめ取ります。
両端がポケット状になっており、ヘッドを差し込んで使うため使用中にずれたり外れたりするストレスがありません。

標準付属品のほこり取り用ブラシは、パッドに集まった髪の毛やほこりの塊などの大き目のゴミをかき取る時、手を汚さず捨てられるので便利です。
使わない時はポールにパチッとはめておけるので、なくす心配もありません。※パシャウォッシュ スプレーモップ ライトにはブラシは付属しません

「パシャウォッシュ スプレーモップ ライト」のパッドは、毛先がループ状の、タオルのような素材です。

ヘッドに付いたマジックテープで張り付くので、床にパッドを置いて、その上にヘッドを載せるだけで簡単にセットできます。吸水力がありながらも薄手で、洗ってすぐに乾くのも嬉しいポイントです!

使い捨てのシートはウェット用、ドライ用と別々に買い揃える必要がありますがマイクロファイバーパッドは乾いた状態でも使えるので、ウェット/ドライどちらでもお使いいただけます。
パッドのみの別売り販売もしているので、何枚か替えを用意しておくと便利です。

 

まとめ

いかがでしたか?
見た目はよく似た姉妹商品ですが、それぞれに特色があるので
お使いのシーンによって選んでくださいね!

おすすめの記事

高圧洗浄機の専門店
ヒダカショップのサイトはこちら