教えて!高圧洗浄機

高圧洗浄機は単体でももちろん使えますが、使う場所や用途に合わせて組み合わせることで、より一層使い道が広がる別売りアクセサリーが多数ございます。
実際に、高圧洗浄機本体をご購入された方の多くが、後から必要になり 別売りアクセサリーを買い足していらっしゃいます。
ヒダカショップでは、 HK-1890 スペシャルセットなど、人気の高いアクセサリーと本体とのセット商品を多数ご用意しています。必要なアクセサリーを選ぶ手間も省け、別々に買った時よりもお得なセット価格となっていますのでオススメです!

汚れ落ちで選ぶ

高い水圧ほどよく落ちる!
どの機種にするか迷ったら水圧の高いものを!

高圧洗浄機は、高圧で噴射する水の力で汚れを落とすので、水圧が強いほど汚れがよく落ちます。
塗装面やもろい場所など、あまり高い水圧で洗浄できない場所には、水圧の強さを調節できるノズルを使ったり、 ノズルの先(噴射口)を洗浄面から離して使えば圧力を下げて洗浄できるので、 ガンコな汚れを洗浄する事を考えると、最初からできるだけ高い水圧の物を選んでおいた方が便利に使えます。
水圧の単位は「MPa」(メガパスカル)で表し、大きいほど水圧が高くなります。 スペック表記に「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」の2種類がありますが、「最大吐出圧力」は製品本体の能力の限界で 実際の使用時にはその圧力が出ることはありません。
水圧の強さで高圧洗浄機を選ぶ場合は、「常用吐出圧力」の強さで比較してください。

水圧調節イメージ

 高水圧ならコレ!店長おすすめの高水圧機種ベスト3!

ヒダカHK-1890

ヒダカ
HK-1890

高圧洗浄機では国内最高の常用吐出圧力9.0MPa! 圧倒的なスペックながら、リーズナブルな価格で納得のベスト1。

くわしく見る

ケルヒャー K5.900

ケルヒャー
K5.900サイレント

ケルヒャーの100V電源家庭用高圧洗浄機では最上位モデルで、常用吐出圧力8.0MPaと1位に及ばないが洗浄効果は高い。

くわしく見る

ケルヒャー K5.600

ケルヒャー
K5.600

2位のK5.900と同等の常用吐出圧力8.0MPaでパワフルな洗浄力の機種。耐久性も高いが、静音性ではK5.900が勝るため3位。

くわしく見る

このページの先頭へ

使う場所・地域で選ぶ

動力は3種類。使用する場所や地域に注意

高圧洗浄機に使われる動力は「インダクション(誘導)モーター」「ユニバーサルモーター」「ガソリンエンジン」の3種類
「インダクションモ-ター」は、50HZ(東日本)、60Hz(西日本)のどちらかに使用地域が限られますが、モーター音が控えめで、耐久性が高く長寿命です。
「ユニバーサルモーター」は周波数を選ばず使用できて、価格も安いですが、性能はインダクションモーターに比べ低いです。
音が大きい代わりに水圧が非常に高く、電源不要なのが「ガソリンエンジン」。
電源の取れない場所で高圧力・高水量の洗浄をしたい場合は、ガソリンエンジンをお選び下さい。

  インダクションモーター ユニバーサルモーター ガソリンエンジン
音の大きさ 音が小さい 音がやや大きい 音が大きい
耐久性 高い 低い 高い
重さ やや重い 軽い 重い
電源 50Hz(東日本)/60Hz
(西日本)どちらか
50Hz(東日本)/60Hz
(西日本)共用
不要

どこが違うの?ユニバーサルモーターとインダクションモーター

50Hz地域 60Hz地域
北海道、 青森県、 岩手県、 宮城県、 秋田県、 山形県、 福島県、 茨城県、 栃木県、
群馬県 (※)、 埼玉県、 千葉県、 東京都、
神奈川県、 山梨県、 新潟県(※)
富山県、 石川県、 福井県、 長野県(※)、 静岡県(※)、 愛知県、 岐阜県、 三重県、 滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 鳥取県、 島根県、 岡山県、 広島県、 山口県、 徳島県、 香川県、 愛媛県、 高知県、 福岡県、 佐賀県、 長崎県、 熊本県、 大分県、 宮崎県、 鹿児島県、 沖縄県
(※)
新潟県の60Hz地域 – 佐渡市全域、妙高市・糸魚川市の各一部
群馬県の60Hz地域 – 安中市・甘楽郡南牧村・吾妻郡の各一部
長野県の50Hz地域 – 佐久市・松本市・大町市・飯山市・小諸市・安曇野市・下水内郡栄村・下高井郡野沢温泉村・北安曇郡小谷村・北佐久郡軽井沢町の各一部

モーターを動力とする高圧洗浄機には、電力の周波数が東日本(50Hz)と西日本(60Hz)のどちらかに使用地域が限られている インダクションモーターを採用した製品と、東日本(50Hz)と西日本(60Hz)共用の ユニバーサルモーターを採用した製品があります。
地域を選ばず利用できる ユニバーサルモーターのほうが一見便利かと思ってしまいますが、 実は インダクションモーターが地域を分けている理由がしっかりとあります。 それぞれのモーターの特徴を踏まえ、用途に合ったタイプの高圧洗浄機をお求め下さい。

▼インダクションモーターの使える地域が分かれていることのメリット・デメリット を読む

インダクションモーターの使える地域が分かれていることのメリット・デメリット

【メリット】

分けないものに比べ全体的にモーター音が静かになる

モーターの違い図解 ユニバーサルモーター(50Hz/60Hz共用)は構造上、内部でパーツ同士が擦れ合いながら回転するため、パーツの摩擦により「キュイーン」というような高めの音がします。
一方、インダクションモーターは内部でコイルが磁力によって空中で回転するため、パーツ同士の摩擦がなく
その分音が控えめです。

周波数に合ったシンプルなモーター設計のため、耐久性が高く長寿命

1つの周波数に特化して設計され、無駄を省いた内部構造なので、
耐久性が高く長寿命です。
インダクションモーターはその耐久性の高さから、業務用機にも採用されています。

【デメリット】

使用地域地域が変わると使えない場合がある

50Hz用、60Hz用は、東日本、西日本それぞれの地域のみでしか使えないため、 関東から関西に引っ越した際など使用地域が変わった時に利用出来ない場合があります。

つまり、インダクションモーターは、東日本と西日本のどちらかのみでしか使えない代わりに、 静かで耐久性の高いモーターに設計されているということです。

たたむ

東日本、西日本どちらでも使えるが性能が低い機種

ユニバーサルモーターの機種は電源が東日本、西日本どちらでも使用できますが、音はガソリンエンジンの次に大きく、耐久性は構造上、インダクションモーターよりも低くなります。

ユニバーサルモーターの代表的な機種

K2クラシック
軽量かつコンパクト。高圧洗浄機を初めて使う方にもおススメ!
K2
大型ハンドルとタイヤ付で移動に便利!女性にもおすすめの入門機種!
AJP-1310
付属のガンとノズルを本体に収納できるコンパクトな機種。グッドデザイン賞受賞。
JKT38
JKT38
ケルヒャージャパネットたかた限定モデル。小型高圧洗浄機。
SBT-513
SBT-513
アイリスオーヤマのタンク式高圧洗浄機。タンク一杯で約8分の洗浄が可能。

→ユニバーサルモーターの機種一覧

電源が西日本/東日本のどちらか一方しか使えないが性能が高い機種

インダクションモーターの機種は、電源が東日本、西日本のどちらか一方でしか使用できませんが、音が小さく耐久性も高いため、業務用の高圧洗浄機にも使われています。ヒダカHK-1890にも採用されている、おすすめの機種です。

インダクションモーターの代表的な機種

HK-1890
国内最高圧のパワフルな水圧で強力に汚れを落とす、当店で一番売れている人気機種!
ベランダクリーナー
マンションや集合住宅でも気兼ねなく使える静音設計。収納用のカバー付き。
K3 サイレント
ノイズ音を軽減した静音設計。コンパクトボディで収納も省スペース。
K4.900
従来機種よりモーターの体感音が50%低減された、水冷式モーター採用の静音タイプ。
K5.900
従来機種よりモーターの体感音が50%低減された、水冷式モーター採用の静音タイプ。

→インダクションモーターの機種一覧

音は大きいが電源不要でパワーは最大の機種

ガソリンエンジンの機種は音が大きい代わりに電源が不要で、水圧が非常に高いです。電源のない場所での高圧力・高水量の洗浄をおこないたい場合にお選びください。

ガソリンエンジンの代表的な機種

G4.10M
10MPaの高圧水で汚れを落とす!電源のない所でも使用できるハイパワーのエンジン式高圧洗浄機。
G7.10M
電源のない所でも使用できるハイパワーのエンジン式高圧洗浄機。大型のタイヤを装備しているので移動に便利。

→ガソリンエンジンの機種一覧

このページの先頭へ

予算と性能のバランス・コストパフォーマンスで選ぶ

ポイントは水圧、耐久性、そして価格とのバランス

水圧が高ければ汚れが落ちやすいのは前述のとおりですが、コストパフォーマンスも重要なポイントです。
同じ価格なら、水圧がより高い方が、ユニバーサルモーターよりインダクションモーターの方が、性能が高いためコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。
また、ヒダカショップでは、追加でのご注文が多い別売りアクセサリーをお付けしたセットもご用意しています。
後からアクセサリーのみを買い足すよりも お得な価格設定になっているのでおすすめです。
下の図は、人気の高圧洗浄機の価格と水圧を表にしたものです。機種選びの目安としてご覧ください。

コストパフォーマンス比較 ケルヒャー K2.021 ケルヒャー K2.360 ケルヒャー ベランダクリーナー K2.900 ヒダカ HK-1890 ケルヒャー K3.200 ケルヒャー K4.00 ケルヒャー K4.900 ケルヒャー K5.900 ケルヒャー K5.600 ケルヒャー G4.10M クランツレ K-1121 ケルヒャー G7.10M

※その他の機種はスペック比較表・各商品詳細ページよりご確認ください。

 コストパフォーマンスならコレ!店長おすすめベスト3!

ヒダカHK-1890 スペシャルセット

ヒダカ HK-1890
スペシャルセット

高水圧でも低価格のHK-1890に、人気のアクセサリーが6点付いたセット。別々に買うより1万3000円以上お得!

くわしく見る

ケルヒャー ベランダクリーナー

ケルヒャー
ベランダクリーナー

マンションでも使える静音性とコンパクトさが高評価。スペックはK2シリーズのため少々低い。

くわしく見る

ケルヒャー K3 サイレント ベランダ

ケルヒャー
K3 サイレント ベランダ

ベランダ掃除に便利なセット。水道ホースは別売りなので、水道から給水する場合は別途購入が必要。

くわしく見る

このページの先頭へ

作業音の静かさで選ぶ

インダクションモーターなら
近隣を気にせず使えます。

ユニバーサルモーターの機種は、モーター内部の摩擦で甲高い音が出るため、耳障りに感じる方もいらっしゃるようです。
住宅地などで作業音が気になる方には、インダクションモーターの高圧洗浄機をおすすめします。
インダクションモーターの中でも特に静音性に優れているのは 「水冷式」のタイプです。
通常のインダクションモーターは、外気を取り込んでモーターの熱を冷ます「空冷式」で、本体に空気孔が空いているのが特徴です。
それに対して「水冷式」は、モーターの周りに水を循環させる事でモーターの熱を冷ますので空気を必要とせず、そのため本体に空気孔がありません。
したがって、本体内部で発生した音が外に漏れにくく、空冷式より音が静かになっています。

 静音性ならコレ!店長おすすめベスト3!

ケルヒャー K4.900 サイレント

ケルヒャー
K4.900サイレント

水冷式モーター採用で、ケルヒャー従来機種に比べモーターの体感音を50%低減!伸縮式のハンドルなど、収納性も良い。

くわしく見る

ヒダカ HK-1890

ヒダカ
HK-1890

水冷式ではないがインダクションモーターが動力のため、モーター内部のカーボンブラシの接触音がなく音は控えめ。

くわしく見る

ケルヒャー K5.900 サイレント

ケルヒャー
K5.900サイレント

水冷式モーター採用の静音型モデル。長めの12m高圧ホースは家庭用で最長!最上位モデルでやや高価格のため、3位。

くわしく見る

このページの先頭へ

洗浄スピードで選ぶ

大きい面積の洗浄は汚れ落ちのスピードを重視

大型車や農工具、外壁、広い床面などの大きな面積を洗浄することが多い場合は、
汚れが落ちるスピードを重視してください。
水圧や水量が高いものほど汚れを落とすスピードが速く、洗浄時間を短縮させることができます。

洗浄効率比較 ケルヒャー K2.021 ケルヒャー K2.030 ケルヒャー K2.250 ケルヒャー K2.360 ケルヒャー ベランダクリーナー K2.900 ケルヒャー K3.200 ケルヒャー K4.900 ケルヒャー K4.00 ヒダカHK-1890 ケルヒャー K5.600 ケルヒャーG4.10M ケルヒャー G7.10M ケルヒャー K2.021 ケルヒャー K2.360 ケルヒャー K3.200 ヒダカHK-1890 ケルヒャー K5.600 ケルヒャーG4.10M ケルヒャー G7.10M

※洗浄効率は「常用圧力 × 常用水量」の数値です。 数値が高いほど洗浄効率が良く、洗浄にかかる時間が短いと考えてください。
※数値は理論値です。機種選びの目安としてご確認ください。 実際のご使用では電源や水道の状況、汚れの度合いにより変動します。

このページの先頭へ

製品スペックで選ぶ

ヒダカ・ケルヒャー 家庭用高圧洗浄機
仕様・スペック比較

ヒダカHK-1890とケルヒャーの主な機種のスペックの一覧です。
(クリックすると別ウィンドウで拡大します)
詳しい仕様については各製品の商品詳細ページからご確認下さい。

仕様・スペック比較表

このページの先頭へ

売れている機種で選ぶ

ランキングをもっと見る
このページの先頭へ

使用頻度で選ぶ

家庭用・業務用はここが違う!
長所・短所を理解して使用頻度に合ったものを

高圧洗浄機には「家庭用」と「業務用」があります。
家庭用・業務用 業務用高圧洗浄機は、工事現場などのハードな環境での高頻度の使用を想定しているため、モーターやポンプの耐久性が高く、本体やアクセサリーも真鍮や厚みのある硬質プラスチックなどを使用し、家庭用に比べ丈夫にできています。
その分、家庭用と比較すると別売りアクセサリーや交換パーツが高額で、重量もあります。
業務でお使いでも、トータルのコストや使用頻度を考え、家庭用を使用する方も多くいらっしゃいます。 耐久性に関しては、ご家庭で普段のお掃除に使用する場合は家庭用で十分ですが、使用頻度が高く、家庭用機ではすぐに寿命がきて壊れてしまうという方には業務用をお勧めしています。
また、家庭用高圧洗浄機と業務用高圧洗浄機のアクセサリーは基本的には互換性がありませんので、お求めの際はご注意ください。

  家庭用高圧洗浄機 業務用高圧洗浄機
音の大きさ 音が小さめ 音が大きい
重さ やや重い 重い
耐久性 ○ 高い ◎ 非常に高い
価格 15,000~20,000円台が中心 5、6万円~数十万円まで様々
アクセサリーも高額
このページの先頭へ