ヒダカショップブログ

使ってみました

    お盆に向けて、真ちゅう製の燭台をお掃除してみました!

    ヒダカショップ スタッフのSです。
    2015年上半期も終了し、7月に突入しましたね。

    日高産業のある関東地方では、間もなくお盆の時期です。

    関東の一部では、7月13日~16日の4日間を指すことが多く、
    その他の地方では8月13日~16日の4日間を指すことが多いんだとか。

    ちなみに私、Sは関東出身ですが、我が家のお盆は8月13日~16日です。
    祖母が熊本出身なので、関係があるのかもしれませんね。

    ここでお盆に関しての豆知識です。

    いつも「お盆、お盆」と言っていますが、実は正式名称があり、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
    日本では西暦606年に始まって、平安・鎌倉時代にはこの呼び方が定着していたそうです。
    (お恥ずかしながら私はついさきほど知りました。)

    民間に定着したのは江戸時代。
    「盆礼」といって親戚や友人を訪ねて進物の贈答が行われ、現在の「お中元」に繋がっているとか。

    それからお祭りでよく耳にする「盆踊り」。
    盆踊りも元々は期間中の15日の翌日、16日の晩に集まって踊ることを指したそうですよ。
    現在は夏祭り=盆踊りのイメージが強いですが、根本にはこういう意味があったんですね。

    さて前置きが長くなりましたが、お盆といえばお仏壇。
    普段からこまめにお手入れされていますか?

    image001

    お線香の煙で、こんな風に燭台(しょくだい)なんかも汚れてしまいますよね。
    ご先祖様をお迎えするのに、汚れた状態で迎えるのは気が引けてしまいます。

    特に新盆を迎える方は、よりいっそう、綺麗な状態で迎えてあげたいですよね。

    上の写真は仏具ではありませんが、日高産業の神棚にあった燭台です。
    木製ではないですよ。なんと、元はピカピカの真ちゅう製なのです。
    手に取ってみたときは何とも言えない衝撃でした。埃をかぶって真っ黒になってしまった燭台・・・。
    軽くティッシュで拭いてみても汚れはまったく落ちず、ウェットティッシュでも全く効果ナシ。

    神棚にある燭台がこのような状態でいいのか!?と思い、
    当店で販売している「万能マジッククリーナー」を使用することにしました。

    マジッククリーナー、とは、固形タイプの植物性多目的洗剤です。
    液体洗剤をギュッと凝縮しているので、実質容量は液体洗剤の2倍以上!
    しかも研磨剤を使用していないので、表面を傷つけることなく汚れを落とすことができる、という優れもの。

    これならばヤカンやお鍋の汚れもスルスル落ちるので、今回のガンコな汚れにも使えると思ったのです。
    mc01

    まず、変色してしまうと困るのでティッシュにマジッククリーナーを少し取り、
    目立たない場所を塗りこむように拭いたあと、こすってみました。幸い、変色することはなさそう。

    しかし何年この状態だったのか・・・磨けど磨けど真っ黒です。
    「マジッククリーナーでもダメかもしれない・・・」
    そう思った時に、ティッシュを見てみると、驚くほど真っ黒!
    image005

    さきほどまでにはなかった落ち具合だったので、そこからひたすら磨きました。

    ティッシュに取ってはこすり、取ってはこすりを続けること約30分・・・。
    image007

    やっとここまで綺麗になりました。ただ道のりはまだまだ長そうです。
    そしてあきらめずに磨き続けること数時間・・・。

    image009

    元はこんな姿だったのか、と感動を覚えました。
    綺麗にピッカピカ!木製に見えていたものが、ちゃんと真ちゅう製に見える!

    比較して並べてみるとこんな感じです。

    image011

    ここまで真っ黒になったものをここまで磨くのはものすごく大変でしたが、
    こんなに綺麗になるならやりがいがありますね。
    恐らく皆様のご家庭の仏具はこんなに真っ黒なんてことはないと思いますので、
    汚れの状態、種類にもよりますがもっと短時間で綺麗になると思いますよ。

    ちなみに使用した量は、大さじ1杯程度。
    この真っ黒だった燭台がこんなにピカピカになるなら、少ないものです。

    それから私は最初ティッシュで拭いていましたが、途中で「これはエコではない」ということに気づき、
    市販のマイクロファイバーで擦ることにしました。
    これならゴミも出ませんし、最後はマイクロファイバーを洗濯すればOKですので、オススメです。

    燭台は2つで1組。つまりまだあと1つ残っていますので、これから磨いてきたいと思います(笑)
    皆様も、お盆に向けて早めのご準備を!


    【手にも環境にもやさしい】【植物性 多目的洗剤】 万能 マジッククリーナー MC-01

    送料無料でお得な3個セットも。
    手にも環境にもやさしい】【植物性 多目的洗剤】 万能 マジッククリーナー 3個セット MC-03


    万能マジッククリーナー 【使ってみました】 使ってみました

    HK-1890を使用して「花粉のついた車を洗車」「玄関前タイルの鳥のフンの掃除」

    ヒダカショップ スタッフのNです。
    桜の開花前線も北上しあたたかい春がもうそこまでやって来ていますが、花粉症の人間にとっては大変つらい毎日が続いています。

    日高産業のある関東地方では、飛散時期は杉花粉が2月~4月、続いてヒノキ花粉が3月~5月だそうです。
    我が家は駐車場に屋根がないので、この季節は車のボディにも花粉が降り積もります。
    周辺に山や杉林がある地域だと、白い車が花粉でうっすら黄色に見えることもありますよね。

    20150315_165238 20150315_165339

    花粉症の自分にとっては見るのもおぞましいですし、乗り込む際に車内にその花粉が入ってしまったり、洋服についてしまったりするので、ヒダカの家庭用高圧洗浄機HK-1890を使って洗車をしました。

    (高圧洗浄機で洗車をする場合、高圧水で汚れを剥がしとるというよりは、勢いのある水で表面の細かい花粉や汚れ・ホコリを洗い流す感じです。HK-1890を使う際は圧力の調整ができる「標準ノズル」で低水圧にし、水が扇形に噴射するようにして汚れを洗い流します。 高圧だとコーティングまで剥がれてしまったりボディに傷がついてしまうので注意。低圧でも水道水よりは圧力がありますので、隙間に入り込んだ細かい汚れも押し出して流してしまいます。)

     

    20150318_080750 20150318_080801

    多少気分もすっきりしました。

    高圧洗浄機を使っての洗車は、花粉のつもったボディにあまり近づかないでできますし、オール手作業よりは時間も短時間、花粉のような細かい汚れもしっかり落とすことができる気がします。

     

    春になると話題にのぼる「黄砂」も、時期としては2月~5月でピークは4月とのこと。

    中国のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原などから、風に乗って日本へやってくるといわれている黄砂ですが、花粉症の人が吸うと症状がひどくなるそうです。

    また、あの「PM2.5」も黄砂に付着して飛んでくるとか!!

     

    車だけではなく、玄関周り・窓周り・ベランダなどに降り積もった、花粉や黄砂が室内に入らないように、定期的に高圧洗浄機などで掃除して洗い流しておくのも花粉対策になると思います。

    網戸の汚れにも花粉や黄砂が混ざっている可能性があるので、窓を開ける季節になる前には、高圧洗浄機でザザザっと掃除しておいた方がよいですね。

    (高圧洗浄機での網戸掃除は本当にらくですよ。)

     

    花粉症は本当にうんざりしますが、この季節、我が家は家の中も外も1年で一番キレイになります(笑)

    辛いからこそ、必死に掃除しちゃうんですよね。

    花粉症のみなさん、あと少し(?)がんばりましょう!!

     

     

    この日は、ついでに、家の玄関前タイルのこびりついた鳥のフンの掃除をしました。

    20150315_165410

    ちょうどこの真上に電線があり、そこにとまって鳥(カラス・すずめ・メジロなど)がフンをしていくのです。

    (写真上の方のオレンジ色は自転車止めのサビ移りで、これは何をやってもおちません。)

     

    「雨が何回かふればそれでおちるかな~。」という淡い期待も裏切られ、少し水をかけて軽くこすってもおちないので、「こりゃ、高圧洗浄機じゃないとダメだな。」となりました。

    20150315_165812

    鳥のフン。

    思いのほか頑固で、最初は圧力調整のできる「標準ノズル」で最高圧にして掃除したのですが、落としきれない部分があり、最後は「ターボノズル」につけかえてやっとここまでキレイになりました。やはり「ターボノズル」の威力はすごい。

    今回は使いませんでしたが、割と広い面積だったので「テラスクリーナー」を使用してもよかったかもしれません。

    20150318_080710

    ↑水が乾いてから、写真をとりました。

    だいぶキレイになりました!

    (色素が染み込んでしまった部分はやはり落ちませんでした。もっと早くやればよかったかも…。)

     

    鳥のフンには、ウイルスや細菌がふくまれていて病気を媒介することもあり、素手で掃除することは避けたほうがよいそうです。

    (特にハトのフンは要注意のようです。)

    また乾燥したものを無理やりこすってしまうと撒き散らすことになって危険とのこと。

    高圧洗浄機は水を高圧で吹き付けるので、その点はクリアできそうですが、剥がしとったフンは安易に周囲へ置いたままにせずに、排水口まできちんと水流で押し流したほうがよさそうです。

    今回は玄関前ということで、見た目の悪さに掃除をしましたが、近所にも子供がたくさんいるので注意していこうと思います。


    高圧洗浄機 【使ってみました】

    スーパースチームクリーナーを使ってみました!

    先日、業務用の車内洗浄用マシン、スーパースチームクリーナーを実際にご使用のお客様のもとに取材に行って来ました!

    取材に伺ったのは東京都あきる野市の「プラスパージャパン(ProsperJapan)」様です。

    こちらのお店は、新車から未使用車・中古車・バイクまで、車のことならなんでもおまかせの車販売店様です。
    特に、内装・外装については最新の機械も導入され、丁寧できめ細かいメンテナンスをされています。

    店舗前には、中古車とは思えないきれいな車がズラリ!(そしてびっくりするほどお買い得!)
    お伺いするとディーラー様からの直接仕入れがメインで、ワンオーナー車や低走行車が多いのだとか。

    また、車のメンテナンスも素晴らしく、店長の黒澤さまからは徹底したプロのこだわりを感じました。

    今回は「スーパースチームクリーナー」の取材。
    この機械は、車の中のシートや内装を、温水で水洗いし、汚れや臭いを根こそぎ除去することができます。
    詳しくは商品ページをご覧くださいhttp://www.hidaka-shop.com/fs/hidaka/c_business-use_steam_body/ssc

    当店でも、とても売れている商品です。
    スーパースチームクリーナーについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

    黒澤店長の
    「この機械で施工すると、かなりタバコの臭いがひどい車でもほぼ完全に臭いがとれます。
    以前は手作業で1日かけてしていた仕事が2~3時間で済み、効率もよくなりました。
    ドアを開けて『きれい!』とお客様に言っていただく事も増え、

    今年の5月に購入しましたが もう十分元はとれていますね。」

    という言葉が印象的でした。

    その他の取材時のインタビューや使用風景は近日中に動画で公開予定です。お楽しみに!

    今回取材協力いただいた「プラスパージャパン(ProsperJapan)」様の詳細はこちら
    ※プラスパージャパン様は、全ての中古車をスーパースチームクリーナーで清掃し販売されています♪

    image001
    使い方も「めちゃめちゃ簡単ですよ~」と黒澤店長

    image003
    実際に車内清掃(天井やシート)されているところを撮影させていただきました!

    image005
    清掃後、バキュームした水をバケツに出していただくと…

    image007
    こんなに、汚い水が…。全員あ然としてしまいました…。

    image009
    最後にスタッフの方全員とパチリ。代表の野島様、店長の黒澤様、

    長時間の取材にご協力いただき本当にありがとうございました。


    その他 【使ってみました】 その他の記事 使ってみました 業務用

    「QT/mode」でHK-1890をご紹介いただきました!

    人気ブログ「QT/mode」様に
    HK-1890を使用したご感想をご紹介いただきました!


    2014/04/21「HIDAKA(ヒダカ)高圧洗浄機HK-1890で家周りの掃除が楽しい!」

    「生活を仕組み化する」ライフオーガナイザー1級の資格をお持ちの大熊様。
    お掃除についての記事も書かれていらっしゃいますが(とても参考になりました!)
    屋外のお掃除には今まで興味がなかったとの事。
    高圧洗浄機の使用はこれが初めてだそうで、女性ならではの視点で商品到着から細かくレポートされていて、次回の記事も楽しみです!

    QT/mode様、ありがとうございました!


    ヒダカ応援ブロガー 使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    「エアロプレイン」でHK-1890をご紹介いただきました!

    日常を少し楽しくする、レビュー&雑学ブログ「エアロプレイン」様に
    HK-1890をモニターとして使用した感想をご紹介いただきました!


    2014/04/24「高圧洗浄機での掃除には、人間の本能をくすぐる楽しさがあるらしい!」

    バルコニーでガーデニングをされているため、土・砂汚れでお掃除に手を焼いていたという中山様。
    「こんなに楽しい掃除用具は初めて」と、楽しくお使いいただけたようで何よりです。

    記事でも紹介していただいている通り、
    掃除機やスチームクリーナーのように本体を移動させながらお掃除するイメージで「重たそう…」というイメージを持つ方もいらっしゃるようですが、
    高圧洗浄機は本体と放水場所が10m(延長高圧ホースを使えば20m)離れていても使えるので、
    ホースが届く範囲なら本体は移動させず据え置きでお使いいただけます。
    また、移動させる場合にも、安定感のある大きなタイヤが付いているので
    そのままコロコロと引けば、女性でも簡単に移動させられます。

    エアロプレイン様、ありがとうございました!


    ヒダカ応援ブロガー 使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    「hommania」でHK-1890をご紹介いただきました!

    人気ブログ「hommania」 様に
    HK-1890を使用したご感想をご紹介いただきました!


    2014/04/07「HIDAKAの高圧洗浄機がやってきた!」

    2014/04/27「{ HIDAKA } 10分で簡単ベランダ掃除!」

    自吸セットの使い方に少し手間取ってしまったとのことでしたが、
    これからお使いいただく方も、取扱い説明書や動画で使い方を詳しくご案内しておりますのでご安心ください!
    (※使い方動画は購入者限定特典です)
    ほんのちょっとした「コツ」さえ知ってしまえば、スムーズにお使いいただけるかと思います。

    hommania様、ありがとうございました!


    ヒダカ応援ブロガー 使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    超節水☆お風呂の残り湯で洗車してみました

    ヒダカショップスタッフのNさんが、お風呂の残り湯で洗車した時のようすをレポートしてくれました!

    うちのお風呂場は2階なので、実際の使用状況はこんな感じです。


    まずは事前準備として本体をお風呂場まで持っていき、自吸ホースをセッティング。
    延長高圧ホースをとりつけたら、ホースを窓から出し、
    その先に標準高圧ホースとガンをとりつけるという事前準備になります。

    最初の埃落としで全体洗車

    洗剤散布ノズルで全体に洗剤散布

    その洗剤を流す
    …と、一連の洗車作業をけっこうしっかりやりましたが、
    お風呂のお湯は半分ぐらいしか減りませんでした。
    高圧洗浄機は、超節水だと実感しました。


    洗車し終わっても残り湯がこれだけ残っていました!


    今回は洗剤散布ノズルを使用しての洗浄ですが、
    HK-1890の標準付属ノズルは希釈率1%で泡切れの良いタイプのため、
    「洗車はたくさんの泡で洗わないと物足りない!」という方には、クランツレのフォームスプイレイヤーがオススメ!
    液垂れしない、濃厚できめ細かい泡が驚くほど簡単に散布できます!

    フォームスプレイヤー(蓄圧式泡洗浄機・噴射機)を使った洗車が気になる方は、こちらの記事もご覧ください!
    「業務用畜圧式泡洗浄器 グロリアFM10 を使ってみました!」


    使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    「むねさだブログ」でHK-1890をご紹介いただきました!

    ガジェット、グルメ、カメラなど、独自な視点で幅広く紹介する人気ブログ「むねさだブログ」様に
    HK-1890を使用したご感想をご紹介いただきました!


    2014/04/08「国内最高クラスの圧力!高圧洗浄機、HIDAKAの「HK-1890」が男心をくすぐるぞ!」

    届いた状態から商品内容、ノズルの様子など、丁寧にレポートして下さっているので
    これから購入を検討されている方にもとても参考になると思います!

    高圧洗浄機は高圧でしか使えない、というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃいますが、
    水圧を調節すればお庭の散水などにも使えるので、
    ブログ内でもご紹介いただいているように、実はガーデニング用ツールとしても活用できるんです!
    お庭でお使いの方はぜひお試しください!

    むねさだブログ様、ありがとうございました!


    ヒダカ応援ブロガー 使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    「タムカイズム」でHK-1890をご紹介いただきました!

    人気ブログ「タムカイズム」様に、HK-1890をブログでご紹介いただきました!


    2014/4/16「なぜ高圧洗浄機専門店ヒダカショップはオリジナルモデルを取り扱っているのか、その理由を能勢専務にずばっと聞いてきたら人柄に惚れた…!」

    数名のブロガーさんをお招きして、ヒダカ専務(使い方DVDをご覧になった方にはお馴染みのアノ人です!)とインタビュー形式での座談会を開催した時の様子をまとめてくださった記事です。
    ブログ内で公開されているノートは、その時に談笑しながら描かれていたもの。
    タムカイさんは落書き力講座で講師をされているだけあって、下書きもなしでこれだけの情報をササッとまとめちゃうのはさすがです!


    2014/4/17「家庭用国内最高クラスの性能だというHIDAKAの高圧洗浄機「HK-1890」を使ってみた!この不思議な楽しさはなんなのだろう?(笑)」

    そしてこちらは実際に使ってみてのレビュー記事。ご家族も一緒に、楽しくお使いいただけたようです^^
    届いた時に箱の大きさに圧倒されてしまって…とおっしゃっていましたが、
    この箱の大きさにも実はワケがあるんです!

    ケルヒャー高圧洗浄機はタイヤやハンドル、ホルダーなどの本体パーツが組立て前の状態で入っているため、
    いざ使おうと思ったらまずは本体の組み立てから始めないといけないんですよね。
    せっかくお掃除のモチベーションが上がったところなのに、お掃除前のひと手間は意外と面倒。
    …というお客様の声を反映し、ヒダカHK-1890は届いてすぐに使えるように
    本体組立て不要の「完成品」の状態で箱に入っています。
    ハンドルやタイヤが最初からセットされているぶんカサが増えるので(特にハンドル部分の高さで)大きな外箱なんです。
    届いた時は一瞬ビックリしちゃうかもしれませんが、箱の上に取り出し方が書いてあるので
    あわてず、ゆっくり取り出してくださいね!

    タムカイズム様、ありがとうございました!


    ヒダカ応援ブロガー 使ってみました 高圧洗浄機 【使ってみました】

    窓そうじがプロ級の仕上がりに!

    窓を一生懸命拭いたのに、拭く前よりも余計に曇ってしまった、
    拭いても拭いても汚れが気になってしまい、窓掃除が終わらない…!という経験はありませんか?
    窓そうじで一番のコツは「水分を残さないこと」だそうです。
    そうじの時に残った汚れを含んだ水や洗剤は、乾くと窓に残った成分が凝縮されてしまい、それがムラやくもりの原因になってしまうようです。

    そこで便利なのがケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV50プラス

    メディアにも多数取り上げられたWV50プラスを、ヒダカスタッフが実際に使ってみました!


    スプレーとワイプパッドが一体型になったスプレーボトルで
    窓に洗剤(水)を吹き付け、そのまま拭き掃除。
    最後にWV50プラスで水分を吸い取れば、二度拭きナシで窓そうじ完了!
    拭きスジも残らず、プロのような仕上がりは一見の価値アリです!

    吸い取った水分は、本体のタンクに溜まっていきます。
    汚れが取れていくのが一目で分かるので、お掃除のモチベーションが上がります!

    ↓もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!↓
    >>ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV50プラス を使ってみました!<<


    その他 【使ってみました】 使ってみました

1 2 3 4 >


ページの先頭へ戻る