ヒダカショップブログ

高圧洗浄機お役立ち情報

    融雪剤/凍結防止剤(塩化カルシウム)による車のサビや腐食の高額な修理代を払いたくない方へ

    融雪剤/凍結防止剤(塩化カルシウム)による車のサビや腐食の対策として、

    高圧洗浄機での洗浄が有効なのをご存知ですか。

    冬の車のケア

    雪が積もる季節になると、融雪剤の被害に悩むドライバーの方も多いかと思います。

     

    また、普段は雪の無い地域にお住まいでも、

    スキーやスノーボードなどで雪道を走って帰ってきて

    「このままにしておいて大丈夫だろうか」

    と不安になる方もいらっしゃる様です。

     

    路面の雪や氷を溶かし走行しやすくしてくれる融雪剤ですが、

    成分は塩(塩化カルシウム)ですので、

    車のボディーのサビや腐食の原因になってしまいます。

    融雪剤の成分は塩です

    塩化カルシウムが車体に付着して長時間そのままにしておくと、

    通常よりもかなり早いスピードでサビが進行する可能性があります。

    インターネットで検索すると

    「マフラーに穴が空いてしまって、高額な修理代がかかった。」

    というドライバーさんの書き込みもありました。

     

    サビを防ぐには、なんといっても、

    融雪剤/凍結防止剤をできるだけ早く洗い落とすことが大切です。

     

    洗い流すにあたって直面する問題が2つあります。

    1つ目は、少し時間が経った融雪剤は硬くなってしまって、ホースの水を当てたぐらいではビクともしないこと。

    2つ目は、一番汚れるボディーの真下を洗うのは非常に難しい、ということです。

     

    そこで、高圧洗浄機の出番です。

    高圧洗浄機は、上記2つの問題を軽々クリアしてくれるからです。

     

     

    まず、硬くなってこびりついてしまった融雪剤も、

    高圧洗浄機の高圧水なら、

    水道ホースの水をかけて洗い流すのに比べて格段に剥がし落としやすくなります。

     

    例えば家庭用としては国内最高圧の「ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890」の標準ノズルには、圧力調整機能が搭載されています。

    車のボディを傷つけず、且つ融雪剤も落とせる、調度良い圧力を自分で調整しながら作業ができるので安心です。

    ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890

    ヒダカオリジナル家庭用高圧洗浄機HK-1890

     

    また、車の下を掃除するのに便利な「アンダーボディスプレーランス」というアクセサリーがありますので、

    そちらを購入していただけば、

    手やホースでは到底届かない場所にも近距離で高圧水を当てる事ができます。

    (ジャッキで持ち上げて・・なんて作業は必要ありません!)

    ヒダカ バリアブルアンダーボディスプレーランス

    ヒダカ 高圧洗浄機用 別売りアクセサリー
    ヒダカ バリアブルアンダーボディスプレーランス(HKP-VUSET)

    アンダーボディスプレーランス使用例

    アンダーボディスプレーランス使用例

     

    ※こちらの「アンダーボディスプレーランス」の使い方にはちょっとしたコツがあります。ヒダカショップでご購入いただいた方限定で、店長が実際に使いながら詳しく解説した動画をご用意しておりますのでご購入された際はぜひご覧ください。

    http://www.hidaka-shop.com/teach/movie/purchased

    パスワードがわからなくなってしまったご購入者様は、お問い合わせください。

     

     

     

    融雪剤はマメに洗い流す事が大切です。

    その都度洗車場に行く手間を考えると、一家に一台高圧洗浄機、オススメです。

     

    ※高圧水での洗浄にご心配の方は、お車をお買い求め頂いた販売店にご相談ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    高圧洗浄機お役立ち情報

    テレビで発見!業務用高圧洗浄機

    こんにちは!ヒダカショップ スタッフのSです。

     

    先日「おじゃマップ」を観ていましたら、千葉県にある某有名ホテルの裏側に潜入!という内容が放送されていました。

     

    ご覧になった方は分かると思いますが、プールによくあるウォータースライダーの清掃って大変なんですね!
    水を止めてしまうと汚れが流れないから、と水を流したまま、でも自分は流されないよう、水の流れていない場所に立って下まで拭き掃除…。

     

    途中でバラエティーお決まりの「足を滑らせて服を着たまま流されていく出演者」という光景にうっかり大笑いしつつ、清掃員の方は大変だな~、と思って観ていました。

     

    温泉施設もとっても広かったですね。総工費1億円超えのお風呂や、真珠の粉が入ったお風呂。
    最初は「わ~、すご~い!」と、ただの1視聴者として観ていましたが、お風呂のお掃除と聞いて、途端にお仕事モードに頭が切り替わった私。

     

    「こんなに広い場所をお掃除?じゃあ業務用高圧洗浄機しかないですね!」

     

    そんな私の思惑通り出てきた業務用高圧洗浄機。
    あれは恐らく、家庭用でおなじみのケルヒャーではなく、蔵王産業高圧洗浄機でした。
    蔵王産業は業務用の高圧洗浄機としてはおなじみの有名メーカーですね。

     

    機種までは分かりませんでしたが、エンジン式 冷水タイプ ではないかと思います。

     

    ヒダカ店長も以前この某有名ホテルに宿泊した際に、業務用高圧洗浄機を見かけたことがあると言っていました。
    やはり、あのような広い温泉施設を営業時間の隙間を使って、効率よくお掃除するとなると、デッキブラシなどを使っての手作業では時間も手間もかかります。

     

    そこで蔵王産業の業務用高圧洗浄機の出番というわけなのですね。

     

    真珠の粉で真っ白になってしまった床が、あっという間に元の姿に戻るというのは、テレビで観ていても気持ちがよかったです。
    高圧洗浄機が1台あれば清掃員1人にかかる負担も減りますし、人手不足も解消できそうですよね。

     

    実は当店にも、業務用高圧洗浄機については毎日お問い合わせをいただいております。
    今回のような宿泊施設や温泉施設、塗装業あるいは建設業など、他にも業種はさまざま。

     

    とはいえ、一口に業務用と言っても、100Vタイプ、200Vタイプ、エンジン式など様々な種類があって幅広いですし、業務用だからこそ家庭用にないオプション部品が多くあります。

     

    お客様のご使用環境によって、最適な機種、必要なオプションなどが異なりますし、当初お客さまからお問い合わせのあった機種と実際に納入させていただく機種が違うことも頻繁にあります。

     

    ひとつのメーカーの取扱商品では、お客様の現場の問題が解決できない場合も多々ありますので、まずはお電話でご相談ください。

     

    当店は、蔵王産業/ケルヒャー/クランツレ/ニルフィスク の正規代理店なので、スタッフはお客様の現場でのお悩みや予算などをお伺いし、適切なメーカーをご案内することが可能です。

     

    でもメーカーが決まったからといって「購入!」と踏み切れるかどうかはまた別問題。
    使いこなせるかどうか、汚れは落ちるかどうか、と心配を抱くのが普通です。

     

     

    そんなお客様におすすめしたいのが、出張実演。

     

     

    せっかく良い製品を購入しても、汚れが落ちない、使いこなせないでは意味がありません。
    商品写真やスペック表とにらめっこをしていても、性能は分かりません。

     

    出張実演では、実際に各メーカーの担当者が、お客様の環境に合わせた機種やオプション品を持参して、デモンストレーションを行います。
    使用しているところをご自身の目で見ることができれば、使い易さや汚れの落ち具合が分かりますよね。

     

    お客様に「買って良かった」と思っていただける製品をご紹介したい、というヒダカ店長の思いを込めて、当店は業務用をご検討されている場合、まずは出張実演をおすすめしているのです。

     

     

    「メーカーの担当者が来る」と聞くと「わざわざ出張してくるんでしょ?有料なんじゃない?」と思われる方もいらっしゃいますが、どのメーカーも、出張実演は無料です。

     

     

    当店の出張実演なら全てメーカー担当者が手際よくセッティングを行いますので、お手間も取らせません。

     

    そして「なんだ、高圧洗浄機だけか」というお客様。
    なんとこの出張実演、高圧洗浄機だけではないのです。

     

    「業務用スチームクリーナー」や「業務用ドライクリーナー」など、その他の機器も同じように出張実演可能です。

     

    是非 購入の前に効果を実感してみてはいかがでしょうか?
    実演にお伺いしたからといって無理な営業をすることはございませんので、是非お気軽にご連絡ください!

     

    無料出張実演についての詳しいご案内はコチラ!

     

     

     


    業務用 業務用高圧洗浄機 蔵王産業 高圧洗浄機 高圧洗浄機お役立ち情報

    GW(ゴールデンウィーク)は意外とすぐそこ!お早めにご準備ください!~高圧洗浄機の用途いろいろ~

    ヒダカショップ スタッフのSです。
    4月に突入し、新入生や新社会人の姿をよく見かけますね。

    日高産業のある関東地方も、桜が満開!
    この春に入学を迎えたお子さんを持つスタッフも数名おり、「もうそんなに大きくなったんですね!」と会話が弾んでいます。

    しかし、そんな喜びの裏で悩まされるのが花粉。
    当店にも毎年この時期は花粉症で苦しんでいるスタッフがおりますが、今は全国的スギ花粉とヒノキ花粉がダブルでピークのようです。
    私自身はまったく花粉症とは縁がないのでとても助かっていますが、自宅のベランダを覗くと真っ黄色の粉=花粉が積もっていました。恐らく花粉症の人はこれだけでも目がかゆくなったりくしゃみがでたり、鼻がムズムズしたりするんですよね…。恐ろしいです。

    おまけに車も花粉が積もると目立ちますよね。掃除をしたくてもすべてを洗うとなるとだいぶ億劫…。

     

    20150315_165238

     

    やっぱりここは高圧洗浄機の出番だ!

     

    hk-1890_ex

     

    ということで、以前「ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890」で洗車をおこなったスタッフNのブログを読み返してみました。

     

    HK-1890を使用して「花粉のついた車を洗車」「玄関前タイルの鳥のフンの掃除」

     

    スタッフNのご主人は元々とても車を大切にされていて、こまめに洗車しているそうです。
    それでも溜まる憎き花粉を高圧洗浄機でお掃除!

    手作業より楽に洗車できるうえ、花粉の積もったボディに近づかずに洗車できた、というところも魅力的です。

    もちろん、洗車だけではありません。
    先ほどのブログで車のあとに鳥のフンをお掃除していましたが、玄関周りにも使えるのです。

    自宅のアプローチやお庭、駐車場が日当たりの悪い場所だと、コケってあっという間に生えますよね。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    あれって雨が降った後なんかは結構すべって危ないんです。お年寄りやお子さんのいらっしゃるご家庭では特に気を付けたいところ。

    さらに、溜まってしまった土埃で元の色は何色だったっけ?状態。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    でもデッキブラシで掃除している時間もないし、疲れる…。

    そんなときは高圧洗浄機でさっさとお掃除してしまいましょう!

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    こちらについても以前「ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890」をご使用いただいたお客様からお写真付きでご感想をいただきましたので、再度いくつかご紹介したいと思います!

     

    【新潟県 T様】渾身の洗浄力を発揮しました。
    【鹿児島県 S様】 一番期待していた水圧パワーが、満足できる強さでした。
    【鹿児島県 S様】 時間短縮や疲労軽減に効果てきめんでした。
    【熊本県 S様】水量が強くびっくりしました。
    【千葉県 I様】評判どおりの機能で大満足しています。
    【福岡県 T様】冷たい水に触らなくていいので喜んでます。

     

    などなど、ほかにもたくさんのご感想を頂戴いたしました。どこのご自宅も、アプローチやお庭、駐車場がとてもきれいになっています!
    どんどん汚れが落ちていくのを見るのは気持ちがいいですよね。

    ただし、高圧洗浄機はいきなり最大圧力で使用してしまうと車のコーティングやコンクリート、ブロックを傷つけてしまう恐れがありますので、低圧で試してからご使用ください。

    GWにお客様を迎えるかたは、自慢できるくらい高圧洗浄機でピカピカにしてみてはいかがでしょうか?
    休み中ゆっくり過ごされるかたは、暖かくなってきたいま高圧洗浄機で楽しいお掃除体験されてみませんか?

    4月に入ったばかり、と思っているとGWは意外とあっという間にやってきますよ!
    少しでも気になるかたは、ぜひ、「ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890」をご検討ください。

     


    photo04-02_on

    ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890 (50Hz/60Hz別)


    その他の記事 高圧洗浄機お役立ち情報

    高圧洗浄機の保管、どうしてますか?

    みなさんは高圧洗浄機をどこに保管していますか?

    ヒダカショップスタッフのNさんは自作のカバーをかけて屋外に保管しているそうで、
    写真を見せてもらいました。

    100円ショップの材料で作成したとの事で、器用さにもびっくり!
    長期保管の際のほこりよけや凍結防止にも良さそうですね!
    この状態で冬を越し、問題なく使用できたそうです。
    (※注意※ 高圧洗浄機に凍結は厳禁なので、冬の長期保管の際はしっかり「水抜き」して、凍結しない場所に保管してください)

    これなら使い終わってもカバーをかけるだけだから、後片付けも簡単ですね。
    みなさんも、良い保管のアイディアがあったら教えて下さい!


    お手入れ・メンテナンス その他の記事

    高圧洗浄機で花粉対策

    そろそろ花粉の時期。花粉症でお悩みの方にはツライ季節の到来ですが、
    愛車にとっても花粉は大敵です!

    気が付くとボディが花粉で黄色くなっていた、という経験はありませんか?
    「車 花粉」などのキーワードで画像検索すると、見ているだけでくしゃみが出そうな画像がたくさん出てきますが、
    ボディに付いた花粉が雨などの水分を含むと、花粉の中身が溶け出して塗装に影響を与え、
    そのまま長時間放置するとウォータースポットのようなシミになってしまいます。

    こうなると通常の洗車では元に戻せなくなりますので、
    花粉がついたらできるかぎり早く、たくさんの水で洗い流す事が重要です。
    高圧洗浄機で一気に花粉を洗い流しましょう。

    ついでに玄関まわりやベランダ、窓のサッシなども洗浄すれば、室内に持ち込む花粉も減らせるので
    花粉症の対策にもなりますよ!


    その他の記事 高圧洗浄機お役立ち情報

    高圧洗浄機のオートストップ機能について

    大半の家庭用高圧洗浄機には、ガンを握るとモーターが動いて高圧水を噴射し、離すと停止する「オートストップ機能」が付いています。
    必要な時だけ動くため、電気も水もムダ使いを防ぎます。

    ずっと水を出しっぱなしにできればいいのに!というお声もいただきますが、
    作業中にうっかり手を離してしまった時に高圧水が出たままだと、
    ホースが暴れて周りのものにぶつかったり、手足に高圧水が当たって怪我をしたり…
    といった、思わぬ事故につながる可能性があります。
    そのため、「ガンを握った状態のままロックしておける機能」は通常は安全の為、あえて付いていません。
    安全のためにもオートストップは重要な機能なので、ご理解いただけますと幸いです。

    また、ガンから手を離すとモーター音も止まるため、電源が入っているのを忘れてついついそのまま放置したくなりますが、
    オートストップはあくまでも高圧水の噴射を止めるための補助的な機能です。
    本体のスイッチを「OFF」にしない限り、機械自体は「待て」の姿勢ですぐ動けるように待機しているような状態です。

    ガンから手を離し、高圧水が出ていないからと言って電源を「ON」にしたままで放置してしまうと、
    高圧洗浄機本体の内圧が徐々に下がっていき、自動的にモーターが動き出します。
    電源を「ON」にしたままで1時間以上放置すると、再度使おうとした時にオートストップが効かなくなるなどの故障の原因になります。

    作業の手を止める際は、高圧洗浄機の本体電源を「OFF」にするようにクセをつけましょう。


    お手入れ・メンテナンス 高圧洗浄機お役立ち情報

    【よくあるご質問】高圧洗浄機で洗剤を使う場合

    高圧洗浄機は水を使って汚れを落とすので、油性の汚れは落ちにくい事があります。
    その場合は、洗剤を併用していただくとより効果的に汚れを落とせます。

    高圧洗浄機と洗剤を併用する方法は、以下の3タイプがあります。

    1 本体に洗浄剤タンクが付いている機種 (ケルヒャーK2.900サイレントベランダクリーナーなど)
    2 本体に洗浄剤ホースが付いている機種 (ケルヒャーK2.021K2.250など)
    3 本体に洗浄剤タンクもホースも付いていない機種 (ヒダカHK-1890など)

    1 本体に洗浄剤タンクが付いている機種で洗剤を使用する場合
    洗浄剤タンクに洗剤を入れ、フィルターを必ずタンクの底まで届くようにセットし、

    「洗浄剤用モード」にした洗浄剤対応ノズル(バリオスプレーランス)を取り付け、洗浄剤を散布してください。

    2 本体に洗浄剤ホースが付いている機種で洗剤を使用する場合
    本体から洗浄剤ホースを引き出し、フィルターが洗浄液の容器の底まで届くようにセットし、「洗浄剤用モード」にした洗浄剤対応ノズル(バリオスプレーランス)を取り付け、洗浄剤を散布してください。

    3 本体に洗浄剤タンクもホースも付いていない機種で洗剤を使用する場合
    「フォームノズル」をご使用ください。
    ※ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890にはフォームノズルが標準付属しています。


    1、2のタイプの高圧洗浄機は、洗浄剤が本体内部を通るため、液性によっては本体を傷める恐れがあります。
    液性が「中性」の洗浄剤をお使いください。
    ※中性以外の洗浄剤を使用する場合は、洗剤が本体を通らない外付けのフォームノズルをお使い下さい。

    ケルヒャー フォームノズル

    1、2、3いずれも、洗浄剤は低圧で噴射されますので
    洗浄面に洗浄剤をまんべんなく散布したあと、高圧水で洗い流してください。

    また、自吸機能付きの機種で、使用する溜め水に直接洗剤を混ぜての使用は、
    洗剤の希釈率が安定せず、許容濃度を超えてしまい、高圧洗浄機本体を傷める恐れがありますのでお勧めしておりません。

    【フォームノズルについて】
    フォームノズルは洗剤の希釈率が4%の商品が一般的ですが、ヒダカHK-1890標準付属のノズルには
    「洗剤の減りが速くてもったいない!」
    というお客様のご意見をもとに、希釈率1%のタイプを採用しています。
    洗剤の無駄遣いをなくし、泡立ちを抑えることですすぎの時間・水量の節約にもつながります


    逆に、たくさんの泡で洗いたい場所には蓄圧式泡洗浄機や噴射器がオススメです。
    きめの細かいクリームのような泡が出るので、洗車や窓掃除などに便利です。

    【洗浄剤について】
    高圧洗浄機用の洗剤は、コーティング効果のあるもの、かびを防ぐもの、
    希釈率によって様々な用途に対応するものなど、色々な商品があります。
    高圧洗浄機のみで思うように汚れが落ちない、という方はぜひご検討ください!

    → 高圧洗浄機用 洗浄剤一覧
    → 高圧洗浄機にもおすすめ!植物性の多目的エコ洗剤

    ※洗浄剤の使い方の詳細は各製品によって異なりますので、お持ちの高圧洗浄機の「取扱い説明書」をご確認下さい。


    高圧洗浄機お役立ち情報

    高圧ホースの擦れ予防策

    ヒダカHK-1890をお買い上げいただいたお客様で、標準付属の高圧ホースにひと工夫されている方がいらっしゃいましたので、レビューをご紹介させていただきます!


    30年近く前に建てたの車庫の清掃に使用しました。
    30年清掃なんてしてこなかったため、壁面はびっしりと汚れていました。
    HK-1890を使用して掃除をすると、おもしろいように簡単に汚れが取れ綺麗になりました。

    音については、静かとは言わないまでも昼間使用するのに近所迷惑になるような大きさではありません。妻は、思った以上に静かだったらしく『静かなんだね』と言っていました。

    取り扱い用DVDの内容は、実際に使用する前に見ることによって事前にオプション品などの特性がわかり大変いいものだとおもいます。
    また、細かいところまでわかりやすく説明されているため女性や年配者の方が高圧洗浄機をしようする上でネックになる部分が払拭できると思いました。

    ただし、高圧ホースは使用しているとコンクリートやアスファルトで擦れてしまうため、ナイロン製のスパイラルチューブで保護して使用しています。保護後は安心して振り回せます。
    添付写真はスパイラルチューブ、保護前、保護後です。
    保護をするとリールでの巻取りはホースが硬くなる冬場はホースが折れやすくなるので注意が必要です。ご参考までに…
    今後は、スペシャルセットを駆使して家の周りを掃除したいと思います。


    砂利道や凹凸の多いコンクリート面など、擦れやすい所で使用する時に便利そうですね!

    ヒダカ HK-1890 標準高圧ホース は交換用に別売りもございます


    お手入れ・メンテナンス ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 【お客様の声 感想】

    【よくあるご質問】高圧ホースのねじれが気になります

    ※ヒダカ HK-1890にお寄せいただいたレビューより

    ”ホースがねじれやすいのが難点です”

    高圧洗浄機を使用していると、いつのまにか高圧ホースがねじれてしまい、
    取り回しがしづらくなったり、ねじれの程度によっては水が通らなくなることがあります。
    ホースをたぐってねじれを元に戻すのは意外と大変な上、
    きつくねじれてしまうとホース自体に折れ癖がついてしまう事も。

    そうならないために、あらかじめ「ねじれ防止ジョイント」を取り付けておく事をオススメします!

    本体とホースの間に取り付けると、ねじれが発生しそうになった時にこのジョイント部分が
    クルッと回転し、ねじれを防ぎます。

    単純な原理ですが、効果はてきめんです!

    ヒダカHK-1890用の純正パーツはありませんが、リョービ製の「ねじれ防止ジョイント」が適合します。
    ケルヒャー用はこちら →ねじれ防止カップリング
    ※本体と高圧ホースの接続がワンタッチ式(「カチッ」と押し込むもの)にはお使いいただけません

    高圧ホースの「ねじれ」にお困りの方はぜひお試しください!


    高圧洗浄機お役立ち情報

    ターボノズルとバリアブルノズルの違い

    ヒダカHK-1890のアクセサリーについてのお問い合わせで多い
    ターボノズルとバリアブルノズルの違いって何?」にお答えします!

    この2種類のノズル、ぱっと見には「どこが違うの?」という感じですが、ポイントは先端の形状

    バリアブルアンダーボディスプレーランスには、ヒダカHK-1890本体に標準付属している「標準ノズル」の先端、
    ターボアンダーボディスプレーランスには「ターボノズル」の先端と同じ形状のものが付いているので、
    基本的にはこれらのノズルと同じ使い方ができます。

    「標準ノズル(バリアブル)」の特徴

    「標準(バリアブル)ノズル」は、噴射角度を変えることにより、圧力調節が可能です。
    手元で無段階に調節ができるので、ノズルを付け替えずに色々な汚れに対応します。

    【噴射角度を狭くすると…】
    直線で高圧水が噴射します。ピンポイントで汚れを落としたい時に便利です。
    洗浄範囲が狭く、広い面積の洗浄にはむらができやすいので注意が必要です。

    【噴射角度を広くすると…】
    扇状に平たく高圧水を噴射することができます。
    狭くした時より圧力が分散されるので、比較的汚れの少ない場所の洗浄に向いています。
    洗浄面から遠ざけて使えば散水や最後のすすぎなどにも便利です。

     

    「ターボノズル」の特徴

    ターボノズルは、円を描くように高圧水が噴射します。
    噴射角度を狭くした標準ノズルが高速で円を描いきながら高圧水を噴射しているようなイメージですが、威力は標準ノズルより強力なため、洗車や、ウッドデッキのようなやわらかめの材質の場所には不向きです。
    比較的むらなく、強力に洗浄できるので、こびりついた汚れや、苔の生えた場所の洗浄などに便利です。

    バリアブルアンダーボディスプレーランスとターボアンダーボディスプレーランスの違い

    「アンダーボディスプレーランス」と「延長パイプセット」の違い

    「延長パイプセット」は、「アンダーボディースプレーランス」に、約35㎝のランス(軸の部分)をもう1本追加したアクセサリーで、ノズルの形状は同じです。
    より高い所や、車幅の広い車の下回りなどを洗浄する際に便利です。
    「延長パイプセット」は接続するランスの本数を減らすことで段階的に長さを調節できるので、洗浄する場所によって長さを使い分けることができます。

    バリアブル アンダーボディスプレーランス」と「バリアブル 延長パイプセット」の比較

    ※「ターボ アンダーボディースプレーランス」と「ターボ 延長パイプセット」もほぼ同寸となります。

    標準(バリアブル)ノズルとターボノズルの違い、お分かりになりましたでしょうか?
    それぞれの特性に合わせてノズルを使い分けて、汚れ落ちの違いを試してみて下さいね!

    こちらの記事もオススメ!
    ヒダカ HK-1890用「バリアブルアンダーボディスプレーランス」 を使ってみました!


    高圧洗浄機お役立ち情報

1 2 >


ページの先頭へ戻る