ヒダカショップブログ

業務用

    テレビで発見!業務用高圧洗浄機

    こんにちは!ヒダカショップ スタッフのSです。

     

    先日「おじゃマップ」を観ていましたら、千葉県にある某有名ホテルの裏側に潜入!という内容が放送されていました。

     

    ご覧になった方は分かると思いますが、プールによくあるウォータースライダーの清掃って大変なんですね!
    水を止めてしまうと汚れが流れないから、と水を流したまま、でも自分は流されないよう、水の流れていない場所に立って下まで拭き掃除…。

     

    途中でバラエティーお決まりの「足を滑らせて服を着たまま流されていく出演者」という光景にうっかり大笑いしつつ、清掃員の方は大変だな~、と思って観ていました。

     

    温泉施設もとっても広かったですね。総工費1億円超えのお風呂や、真珠の粉が入ったお風呂。
    最初は「わ~、すご~い!」と、ただの1視聴者として観ていましたが、お風呂のお掃除と聞いて、途端にお仕事モードに頭が切り替わった私。

     

    「こんなに広い場所をお掃除?じゃあ業務用高圧洗浄機しかないですね!」

     

    そんな私の思惑通り出てきた業務用高圧洗浄機。
    あれは恐らく、家庭用でおなじみのケルヒャーではなく、蔵王産業高圧洗浄機でした。
    蔵王産業は業務用の高圧洗浄機としてはおなじみの有名メーカーですね。

     

    機種までは分かりませんでしたが、エンジン式 冷水タイプ ではないかと思います。

     

    ヒダカ店長も以前この某有名ホテルに宿泊した際に、業務用高圧洗浄機を見かけたことがあると言っていました。
    やはり、あのような広い温泉施設を営業時間の隙間を使って、効率よくお掃除するとなると、デッキブラシなどを使っての手作業では時間も手間もかかります。

     

    そこで蔵王産業の業務用高圧洗浄機の出番というわけなのですね。

     

    真珠の粉で真っ白になってしまった床が、あっという間に元の姿に戻るというのは、テレビで観ていても気持ちがよかったです。
    高圧洗浄機が1台あれば清掃員1人にかかる負担も減りますし、人手不足も解消できそうですよね。

     

    実は当店にも、業務用高圧洗浄機については毎日お問い合わせをいただいております。
    今回のような宿泊施設や温泉施設、塗装業あるいは建設業など、他にも業種はさまざま。

     

    とはいえ、一口に業務用と言っても、100Vタイプ、200Vタイプ、エンジン式など様々な種類があって幅広いですし、業務用だからこそ家庭用にないオプション部品が多くあります。

     

    お客様のご使用環境によって、最適な機種、必要なオプションなどが異なりますし、当初お客さまからお問い合わせのあった機種と実際に納入させていただく機種が違うことも頻繁にあります。

     

    ひとつのメーカーの取扱商品では、お客様の現場の問題が解決できない場合も多々ありますので、まずはお電話でご相談ください。

     

    当店は、蔵王産業/ケルヒャー/クランツレ/ニルフィスク の正規代理店なので、スタッフはお客様の現場でのお悩みや予算などをお伺いし、適切なメーカーをご案内することが可能です。

     

    でもメーカーが決まったからといって「購入!」と踏み切れるかどうかはまた別問題。
    使いこなせるかどうか、汚れは落ちるかどうか、と心配を抱くのが普通です。

     

     

    そんなお客様におすすめしたいのが、出張実演。

     

     

    せっかく良い製品を購入しても、汚れが落ちない、使いこなせないでは意味がありません。
    商品写真やスペック表とにらめっこをしていても、性能は分かりません。

     

    出張実演では、実際に各メーカーの担当者が、お客様の環境に合わせた機種やオプション品を持参して、デモンストレーションを行います。
    使用しているところをご自身の目で見ることができれば、使い易さや汚れの落ち具合が分かりますよね。

     

    お客様に「買って良かった」と思っていただける製品をご紹介したい、というヒダカ店長の思いを込めて、当店は業務用をご検討されている場合、まずは出張実演をおすすめしているのです。

     

     

    「メーカーの担当者が来る」と聞くと「わざわざ出張してくるんでしょ?有料なんじゃない?」と思われる方もいらっしゃいますが、どのメーカーも、出張実演は無料です。

     

     

    当店の出張実演なら全てメーカー担当者が手際よくセッティングを行いますので、お手間も取らせません。

     

    そして「なんだ、高圧洗浄機だけか」というお客様。
    なんとこの出張実演、高圧洗浄機だけではないのです。

     

    「業務用スチームクリーナー」や「業務用ドライクリーナー」など、その他の機器も同じように出張実演可能です。

     

    是非 購入の前に効果を実感してみてはいかがでしょうか?
    実演にお伺いしたからといって無理な営業をすることはございませんので、是非お気軽にご連絡ください!

     

    無料出張実演についての詳しいご案内はコチラ!

     

     

     


    業務用 業務用高圧洗浄機 蔵王産業 高圧洗浄機 高圧洗浄機お役立ち情報

    中古車販売店のマストアイテム!スーパースチームクリーナー

    他店との差別化を実現!中古車販売店のマストアイテム
    蔵王産業 スーパースチームクリーナー
    http://www.hidaka-shop.com/special/ssc/

    カールーム衛生管理システム「スーパースチームクリーナー」をご紹介いたします。

    これまでの中古車のシートや内装のクリーニングは溶剤系の洗浄剤で拭きあげるだけの
    所謂ドライクリーニングがほとんどでした。

    ドライクリーニングは簡単で作業時間が短いのですが、
    表面上の汚れを拭き取っているだけで繊維の奥の汚れは取れないので、
    見た目にはきれいに仕上がっても、汚れの大半は繊維の奥に隠れたままです。

    そして、残った汚れから出る臭いは、どんなに見た目がきれいでもごまかせません!

    最近の中古車市場でのお客様の要望レベルは非常に上がっています。

    車の外観はもとより内装の品質、美観、臭いも選択時の重要なポイントとなってきており、
    少しでも中古車の付加価値を高めてより多く、より高く売れるようにするため
    内装のクリーニングが注目を集めています。

    このようなニーズの高まりから開発された「スーパースチームクリーナー」は
    画期的な中古車販売向けのカールーム衛生管理システムです。

    このシステムでは専用洗浄剤で繊維から汚れを浮かせ、
    摂氏80℃の高温水を1平方㎝あたり7キロの高圧でジェット噴射して繊維の奥までしっかりすすぎ洗いし、
    同時に強力バキュームによって汚れ、匂い、カビ、雑菌までを根こそぎ回収します。

    まさに衛生的な高温水丸洗いクリーニングシステムです。

    「スーパースチームクリーナー」は、軽量小型の洗浄回収機「スーパースチームリンサーS101」と、
    すぐに使用開始できる、専用洗剤や道具をセットにした商品です。

     

    スーパースチームクリーナー 使い方の流れ

    まず最初に「スーパースチームリンサーS101」の
    ヒータースイッチとポンプスイッチをオンにして、水タンク内の温水を80℃の温水にします。

    次に洗浄剤を作ります。

    「スーパースチームリンサーS101」で加熱された2Lのお湯に
    専用洗剤「バルチャーブルー」と「スーパーバイオ酵素」を計量スプーンで各1杯ずつ入れて
    よくかき混ぜ、スプレーヤーに入れます。

    青色の「バルチャーブルー」はじゅうたんやカーペットの洗浄によく使われている洗剤で
    繊維に優しく、特に手あか、タバコのヤニ、食べこぼしのシミなどに効果抜群の洗浄剤です。

    黄色の「スーパーバイオ酵素」は汚れや臭いを繊維から引きはがし、分解する役目を持つ補助剤です。

    たったスプーン1杯ずつで本当にきれいになるの?と思うかもしれませんが、
    洗剤や酵素は温度が高くなることで活性化して洗浄効果が上がりますので
    温水と混ぜる事によって、相乗効果で少量でも強力に汚れを落とせるしくみです。

    750g入りのボトル1本で乗用車約50台の内装クリーニングが可能なので、とても経済的です。
    そのつど温水と混ぜて使う粉末洗剤なので、在庫の保管場所も取りません。

    それでは作業に入りましょう。

    洗浄箇所の周りをタオルで養生し、スプレーヤーで洗浄剤をまんべんなく噴霧します。
    洗浄剤が反応するまで2、3分待ってから、付属のブラシを使って
    毛並みを整えるように、縦横に丁寧にブラッシングしてください。

    あまり力を入れず、洗剤をなじませるように、表面をなでる感じで十分です。
    (たわしのようにゴシゴシとこすらなくて大丈夫です)

    次は最も大切なすすぎ作業です。

    専用ウォンドのレバーを握りながらゆっくりと引き、
    高温水を噴射してすすぎ洗いしながら、同時に汚れを含んだ高温水を吸い取っていきます。

    温水を噴射ノズルは吸い込み口の内側にあり、噴射と同時に汚水を回収するので
    上向きに使っても温水がボタボタとこぼれる心配はありません。
    そのため、座席や足マットだけでなく、天井やドアの内張りなど、車内全体の洗浄が可能です。

    吸い取った汚水は、回収タンク内にたまります。
    回収された真っ黒な汚水の中には単なる汚れだけでなく
    臭いの粒子、雑菌、ダニなど体に有害なものがたくさん含まれています。

    洗浄後のシートを触っても水っぽい感じがせず、実感がないかもしれませんが、
    動画を観ると、温水をたっぷりつかってしっかりすすぎ洗いをしているのがお分かり頂けると思います。

    下着やシーツを洗うように「丸洗い」している感覚です。
    最後に乾いたタオルで拭きあげ、乾かして終了です。

    作業中に大半の水を回収する上、温水を使っているので冷たい水に比べて乾燥も早く、
    座席の素材や季節で多少異なりますが、乾燥時間は約1時間でほとんどOKです。

     

    他店と差を付けたい中古車販売業者様におすすめ

    すでに採用された中古車販売業様からは

    ・展示車両のフロントガラスに「内装:高温水ジェットクリーニング仕上げ(除菌・脱臭処理済み)」というラベルを貼っただけで女性のお客様からの引き合いがぐんと増えた。

    ・車検の時にサービスで洗ってあげたら口コミで新規のお客様がどんどん増えた。

    ・クリーニング部門を立ち上げ、採算ベースに乗せられた。

    など様々な展開で他社との差別化を図り、業績が確実に上がっているとうれしいご報告を頂いています。


    蔵王産業 スーパースチームクリーナー について、詳しくはこちらもご覧ください!
    http://www.hidaka-shop.com/special/ssc/


    業務用

    電気不要でスピード清掃!業務用手押し式 スイーパー


    クランツレ 業務用手押し式スイーパー1+1、2+2をご紹介します。

    スイーパーは、ちりとりとほうきが一体化したマシンと思っていただくとイメージしやすいかと思います。
    手押し式スイーパーは電気を一切使わず、手で押して歩くだけでブラシが回転し、ごみをどんどんかき集めます!

    掃除機のような作業音もないので早朝や建物内など、騒音が気になる場所でも使用できます。

    ■「1+1」と「2+2」の違い
    スイーパーには「サイドブラシ」と「メインブラシ」があります。
    「サイドブラシ」はその名の通り、スイーパーのサイドについているブラシで、ごみをかき集める役割です。
    「メインブラシ」は、サイドブラシで集めたごみをタンクにかき入れるブラシです。
    メインブラシは本体内部にあるので表からは見えません。

    「1+1」はサイドブラシとメインブラシが各1つずつ、
    「2+2」は2つずつ付いています。

    両機種の違いはブラシの数だけではなく、ごみをタンクに回収する方式も違います。
    用途が異なるので、どんな場所で使うかによって機種を選びましょう。

    1+1は、ごみを下からすくい上げるようにして回収する「アンダースロー方式」で、
    砂、ちりなど細かいごみを回収するのに向いています。

    2+2は、ごみを上から抱え込むようにタンクにかき入れる「オーバースロー方式」で、
    落ち葉や空き缶、ペットボトルのような大きなごみを回収できます。

    スイーパーを火山灰清掃に使いたいというお問い合わせを多くいただきますが、
    鹿児島・桜島の噴火による火山灰の処理などにお使いの場合にはアンダースロー方式の「1+1」をおすすめします。

    公園やマンションの出入り口などのお掃除は、街路樹の落ち葉やチラシ、空き缶などのごみがたまりやすいので、
    一概には言えませんが、オーバースロー方式のスイーパーの方が需要が高いと言えます。

    オーバースロー方式、アンダースロー方式の特性はこの2機種に限らず、
    他のメーカーの機種でも基本的には同じ考え方ですのでスイーパーの購入をご検討の際は、メインブラシの回転のしかたを確認してみてください。

    ■家庭用スイーパーとの違い
    家庭用スイーパーと業務用スイーパーの一番の違いは「大きさ」です。
    業務用は幅が広いのでそのぶん広い面積を一気に掃除できます。
    また、金属フレームなので家庭用より耐久性に優れています。
    大きさはありますが、取っ手部分は折りたたんで縦置きも可能なので、使わない時は掃除機やちりとりより省スペースです。

    また、ブラシの高さが調整できるのも業務用スイーパーの特徴です。
    使う場所によってブラシの高さを調節することで、ゴミを効率よくセンターブラシに誘導します。

     

    ほうきとちり取りでお掃除する時のように腰をかがめたりせず、ショッピングカートを押すような感覚でごみがスイスイ取れていきます。
    タンクは取り外しできるので、お掃除後のごみ捨てもカンタン!

    ■実演動画
    クランツレ 業務用 手押し式スイーパー 1+1、2+2
    ※1+1は4:55~、2+2は6:31~が実演動画です。

    クランツレ 業務用 手押し式 スイーパー 1+1
    http://www.hidaka-shop.com/fs/hidaka/sweeper1-1

    クランツレ 業務用 手押し式 スイーパー 2+2
    http://www.hidaka-shop.com/fs/hidaka/sweeper2-2

    業務用手押し式スイーパー 一覧はこちら
    http://www.hidaka-shop.com/fs/hidaka/c/c_business-use_sweeper_bodyc


    業務用

    スーパースチームクリーナーを使ってみました!

    先日、業務用の車内洗浄用マシン、スーパースチームクリーナーを実際にご使用のお客様のもとに取材に行って来ました!

    取材に伺ったのは東京都あきる野市の「プラスパージャパン(ProsperJapan)」様です。

    こちらのお店は、新車から未使用車・中古車・バイクまで、車のことならなんでもおまかせの車販売店様です。
    特に、内装・外装については最新の機械も導入され、丁寧できめ細かいメンテナンスをされています。

    店舗前には、中古車とは思えないきれいな車がズラリ!(そしてびっくりするほどお買い得!)
    お伺いするとディーラー様からの直接仕入れがメインで、ワンオーナー車や低走行車が多いのだとか。

    また、車のメンテナンスも素晴らしく、店長の黒澤さまからは徹底したプロのこだわりを感じました。

    今回は「スーパースチームクリーナー」の取材。
    この機械は、車の中のシートや内装を、温水で水洗いし、汚れや臭いを根こそぎ除去することができます。
    詳しくは商品ページをご覧くださいhttp://www.hidaka-shop.com/fs/hidaka/c_business-use_steam_body/ssc

    当店でも、とても売れている商品です。
    スーパースチームクリーナーについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

    黒澤店長の
    「この機械で施工すると、かなりタバコの臭いがひどい車でもほぼ完全に臭いがとれます。
    以前は手作業で1日かけてしていた仕事が2~3時間で済み、効率もよくなりました。
    ドアを開けて『きれい!』とお客様に言っていただく事も増え、

    今年の5月に購入しましたが もう十分元はとれていますね。」

    という言葉が印象的でした。

    その他の取材時のインタビューや使用風景は近日中に動画で公開予定です。お楽しみに!

    今回取材協力いただいた「プラスパージャパン(ProsperJapan)」様の詳細はこちら
    ※プラスパージャパン様は、全ての中古車をスーパースチームクリーナーで清掃し販売されています♪

    image001
    使い方も「めちゃめちゃ簡単ですよ~」と黒澤店長

    image003
    実際に車内清掃(天井やシート)されているところを撮影させていただきました!

    image005
    清掃後、バキュームした水をバケツに出していただくと…

    image007
    こんなに、汚い水が…。全員あ然としてしまいました…。

    image009
    最後にスタッフの方全員とパチリ。代表の野島様、店長の黒澤様、

    長時間の取材にご協力いただき本当にありがとうございました。


    その他 【使ってみました】 その他の記事 使ってみました 業務用

    中古車販売店様・清掃業者様にオススメ!「スーパースチームクリーナー」

    高温水で車内の汚れや臭いを根こそぎ丸洗い!

    中古車販売店様・清掃業者様にオススメ!
    車のシート、天井、マット、ドアの内張り等々、車内全体を丸洗いできる洗浄機
    蔵王産業 業務用 スーパースチームクリーナー をご紹介します!

    従来のドライクリーニングはNG!付加価値で他社との差別化を!

    車内清掃時にドライクリーニングを行うところもありますが、
    ドライクリーニングに使用する溶剤は「油汚れ」には効果を発揮する一方、
    汗や食べこぼし、飲みこぼしなどの「水溶性の汚れ落とし」はあまり得意ではありません。

    (毎回ドライクリーニングしているワイシャツの襟が、いつのまにか黄ばんでいたりするのは
    実は落ち切らない水溶性汚れの蓄積が一因なんです!)

    また、使用する溶剤によっては人体や環境に有害であったり、インテリア生地を痛めてしまう可能性も…!

    蔵王産業の「スーパースチームクリーナー」は、大量の温水で車内を文字通り「丸洗い」できる、画期的な洗浄機です

    内装の繊維に優しい専用洗剤を使ってブラッシングし、
    汚れが浮き上がった所で75℃の高温水を噴射してすすぎ洗浄と同時に強力バキュームで水分と汚れ・臭いを回収!

    様々なアレルギーを引き起こす元となるダニは、50度以上の高温でほとんどが死滅するため、
    当機を使えばダニ対策もバッチリです!
    ※スーパースチームクリーナーは75℃もの高温水を噴射できる唯一のマシンです!
    高温のため、汚れを落としやすいだけでなく除菌効果も期待できます
    (他メーカーで高温水を噴射できる類似商品はありません)

    洗い上がりは臭いも汚れもスッキリ!新品の風合いが蘇ります!

    シートだけでなく、マットや天井、ドアの内張りなど、車の内装をまるごと洗浄可能。
    これ1台で内装が蘇ります!

    かんたん操作&営業マンが直接ご説明!
    「業務用機器」というと、専門的な操作が必要で使いこなせないんじゃない?
    と心配する方もいらっしゃるかと思いますが、取扱いはとっても簡単。
    未経験の方や、機械に詳しくない方でもすぐに使えます!
    操作マニュアルと動画DVDのほか、細かい操作方法は納品時にメーカーの営業マンが、
    納品時にお客様に直接ご説明しますのでご安心ください!

    すぐに使えるフルセット!乗用車100台分の洗剤付き!
    また、こちらの商品は、スチームリンサー本体のほか、洗剤やブラシ、クロス、手袋といった
    作業に必要なものがすべてセットになっているので、納品後すぐにお使いいただけます。
    専用洗剤はたっぷり普通乗用車約100台分も付いています!
    消耗品やアクセサリーを収納する専用ボックス付きなのも嬉しいですね!

    出張無料実演も行っています!
    導入してみたいけど、実際に見て検討したい!という方には無料出張実演も行っております。
    ⇒無料出張実演について詳しくはこちらをご覧ください
    (しつこい電話セールスや、実演以外での営業訪問は一切ありません)

    リース契約も承ります
    また、リースでのご利用を希望されるお客様も多くいらっしゃいます。
    「スーパースチームクリーナー」は、リース契約も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
    (リース契約例:月々8,000円×60回払い など ※ご利用には審査が必要となります)

    ⇒ 蔵王産業 業務用 スーパースチームクリーナーの商品ページはこちら!


    業務用

    クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 を使ってみました!

    先日、ドイツの業務用高圧洗浄機メーカー・クランツレの営業Tさんが、グレードアップした 100Vの冷水高圧洗浄機 K-1121 のデモ機を持ってきてくださったので早速使ってみました!

    これが クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 です!

    これが クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 です!
    思っていたよりも小さくて、艶消しの 水色 のクランツレカラーがかっこいいい!
    業務用ですが、付属品がキッチリ本体に収まりるので 収納性もバッチリ ですね!
    連続使用(吐出)時間の目安は、ナント余裕の 2時間 とパワフル!さすが業務用です!!
    単相100V の電源を使用できる高圧洗浄機で 10MPa もの圧力が出る機種はナカナカありません!

    クランツレの高圧洗浄機で特筆すべきは、やはりこの 水圧計(圧力メーター)周り!
    こだわりのマシーンといった佇まいで、デザイン的にもカッコイイですね!

    水圧計の中にはオイル(グリセリン)が入っています。右の 赤いノブは、圧力調整用 です。

    圧力調整ノブをまわすと、水量が調整されることによって水圧が変わり、圧力が設定できます。
    もちろん、圧力は水圧計に表示されるので一目瞭然です!

     

    クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121を使って動画を撮影してみました!

    はい、お次は K-1121 を使って動画 も撮影してみました!
    K-1121 について、こちらでヒダカ店長が詳しく説明しています。ぜひご覧ください!

    ※後半の噴射シーンでは、強風のため、吐出洗浄水が風になびいてしまいましたが、圧力はパワフルでした。
    クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 使用後の感想

    個人的には、この 爽やかなカラーリングとデザイン、とても気に入っています!

    重量が 22kg とけっこう重いのですが、これはパワフルで高級な “鍛造真鍮ポンプ” と “ブラシレスコンデンサーモーター” を採用している証拠です。
    移動には、しっかりした大型のタイヤが付いているのでらくらく安心!

    ■ ポンプについて
    家庭用高圧洗浄機のポンプは樹脂製やアルミ製で、業務用でも一部分が真鍮製になるのが一般的ですが、 この K-1121 のポンプは、大型の業務用高圧洗浄機と同じこだわりの鍛造真鍮製!
    ポンプ構成部品のプランジャーも表面が滑らかで、熱に強い最高級品(ステンレス3連プランジャーにダブルスリーブ構造) を使用しており、コストをかけたまさにこだわりの製品です!

    ■ モーターについて
    家庭用高圧洗浄機でよく使われているブラシモーターは、連続運転後、一定期間の冷却時間の必要があり、 残念ながらブラシ部分の消耗が製品寿命となることが多いのですが、この K-1121 は、 ブラシレスコンデンサーモーター を採用しているので、モーターに関してはほぼメンテナンスフリーと言えます!

    さらに低回転モーターなので、旧機種K-1120よりも回転数が半減し 耐久性がアップ しました!
    1,400rpm(50Hz)と低回転になったので、スリーブへの摩擦負担が軽減されました!
    他社製品のモーター音と比べると低音質で、機械的な負担の少なさを実感できます。
    また、旧機種K-1120よりも起動電流で最大3A程度減少したため、過電流やブレーカーが落ちるといったトラブルも減少しました。

    ■ トータルストップシステム採用で長寿命化!
    動画でも説明していますが、K-1121 では、噴射を止めるとモーターが自動停止するトータルストップシステムを採用しており 耐久性もアップ!アイドリング時の消耗がなく、長寿命化されました!

    ■ 自吸可能!
    水道が近くにない場合に使用する自吸(貯め水からの水の吸い上げ)も可能です!
    ※自吸には別途、K-1121用サクションホース3m (フィルター付き)(商品番号:150383N) が必要です。

    ということで、今回は クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 を使ってみました!
    後日、再びクランツレの営業Tさんがデモ機を引き取りにきてくださいました。
    営業カーには大きな業務用高圧洗浄機がいっぱいでした!
    クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    クランツレ 業務用高圧洗浄機 K-1121 について、おわかりいただけましたでしょうか?
    100V高圧洗浄機のベストマシンと言えるこだわりの業務用高圧洗浄機です!
    気になった方は、いまずぐ商品ページもチェックしてみてください!

    ヒダカでは、全てのクランツレ製品のお取り寄せが可能です。
    お求めの際には、ぜひヒダカまでご相談くださいませ!

    クランツレ K-1121 50Hz

     

    100V 高圧洗浄機のベストマシン!パワフルな圧力10MPa!

     


    ヒダカから業務用清掃機器メーカー 【日本クランツレ】 【蔵王産業】 をご紹介します!
    お気軽にご相談ください!→


    その他 【使ってみました】 使ってみました 業務用

1


ページの先頭へ戻る