ヒダカショップブログ

東芝 高圧洗浄機 HP-400G を使ってみました!【コンクリート床洗浄編】

標準ノズル使用

まずは標準ノズルを使用してみました。
標準ノズルは先端をまわし噴射角度を調節することができます。

◎噴射角度を広くする → 汚れの落ちやすい場所や散水時
※霧状で広範囲に噴射されるので、ブロアーのように落ち葉を吹き飛ばすこともできます。

◎噴射角度を狭くする → 頑固な汚れや細かい汚れを落とす場合・遠い所の汚れを落とす場合
※噴射角度が最狭の場合、木材など、対象物によっては傷めてしまう場合がありますのでご注意ください。

噴射角度を一番狭くして使用すると、以下の写真のように線を描くように洗浄されます。
ひとふきでコケや汚れがよく落ちますが、洗浄範囲が狭いため、広範囲を洗浄する際には向いていないようです。

 

ターボノズル使用

今回は広範囲を洗浄するため、ノズルを標準ノズルからターボノズルへ変更しました。
ターボノズルは高圧水が円を描きながら噴射されるため、水が対象物(コンクリート)へ接触する際に「ブーン」という音がしますが、効率よく均一にコケや汚れがかき出されていきます。
このターボノズルでコンクリート床一面を洗浄した後、細かい所を標準ノズルで仕上げるのがよさそうです。


近づいて見るとこんな感じです。↓
コケが落ち、しみ込んだ汚れもかき出されたような感じです。コンクリート本来の色に戻りました。

洗浄した場所と、していない場所が一目瞭然、ハッキリとわかります。

 

劇的!? ビフォーアフター

東芝 高圧洗浄機 HP-400Gを使ってみました!【ウッドデッキ洗浄編】 へつづきます!→

※東芝の高圧洗浄機は現在生産を終了しております。次回入荷はございませんのでご了承下さい。


使ってみました



ページの先頭へ戻る